PAGE TOP

NOTE

ヤサオタnote

野菜オタクが本気で検証!野菜のあれこれ

  1. チョコ代わり?注目食材「キャロブ」で手作りバレンタイン♪

チョコ代わり?注目食材「キャロブ」で手作りバレンタイン♪

寒くなってくると、
甘いもの
食べたくなりますよね~♪

私は、特にチョコ菓子が
恋しくなっちゃいます!!


チョコって美味しいけど
カロリーも高いし、カフェインも…。
ほどほどにしておきたいところ…。



食事制限でダイエットに成功した
私の主人にも、
甘いものは控えさせたい…!!

そんな私が、バレンタインに向けて始動♪

チョコの代わりになるか~?!
「キャロブパウダー」を使った、
お菓子づくりに挑戦します!

 

 


お菓子づくりは得意ではない私。

でも!新しい食材は、
使ってみたくなっちゃう性分♪ 
がんばりますっ!!

 

カカオの代わり?キャロブとは


先日、食オタ執筆メンバーに
教えてもらったのが「キャロブ」。

キャ…、キャロブ?

キャロブを粉末にした
コレが、キャロブパウダー。↓

 

注目されている食材らしいですが
私は初めて知りました。

そもそも「キャロブ」って
いったい何なのでしょう。

 

キャロブとは

英語では、carobと書き
和名ではイナゴ豆と呼ばれる。

地中海付近で栽培されている
マメ科の植物。

ほぉ。キャロブって豆なのね。

え…?わたくし
野菜ソムリエ資格を持っておりますが、
「イナゴ豆」って、ピンときません。

 

どんな豆なんだろう?

キャロブパウダキャロブチップなどは
売っているんですが、
豆の状態では売ってないんです。


それもそのはず!

イナゴ豆は、国内では
栽培されていないんです。

キャロブパウダーに書いてある原産国も
イタリア、スペイン、ポルトガルなど。


今回、私が購入したキャロブパウダーも
原産国「イタリア」になってました。

 

イナゴ豆が見たい!

キャロブ=イナゴ豆は、
私たちに馴染みのある豆とは違って
木になる豆 !!

それは、ますます現物を見たいなぁ。
せめてパウダーにする前の
さや入りの「いなご豆」が見たい!

 

食オタ根性で、探しました!!

そして思わぬところで
見つけちゃいました~!

じゃじゃーーーん!


我が家の猫ちゃんのごはんを買いに
ペットショップへ行ったところ…

ん?イナゴ豆???

思わず購入!

これは、うさぎやチンチラの
“おやつ”として売られていました。


「自然の甘みぎっしり!」
って書いてありますね。

確かに、袋を開けた瞬間に漂う
あまーーーい香り!


でも、これ豆なの???
かなり固め!カチコチです!

小動物の歯の伸びすぎを防止するために
食べされるおやつのようです。
自然な甘さで、小動物は喜ぶんだとか…。

 

我が家の猫ちゃんにもあげてみましたが
予想通り、無関心でした。


匂いは嗅いでましたが、
プイっとやられちゃいました…。

 

完熟したイナゴ豆を乾燥させ、
さらに粉末にしたものが

キャロブパウダーです!


硬い莢を割ってみたら、
豆もちゃんと出てきました!

こうやって見ると、確かに豆っぽい。
モロッコインゲンに似ている?

モロッコインゲンは、こんな豆です↓

 

チョコやココアの代用?

カカオは、カフェインを含んでいたり
カカオアレルギーの方もいるようで。

カカオを控えたい人や、
チョコやココアの代用として
キャロブが注目されているようです!

おぉ!
これは、私にとっての救世主だ!!

 

ココアパウダーと比較すると
色が薄くて、少し粗めの粒です。


キャロブ自体に糖分が多いので
すこしベタつく感触。

味は、ココアのような苦味はなく、
後味にしっかりとした甘みが残ります。

 

キャロブって実は身近な存在!

キャロブの歴史

キャロブ(イナゴ豆)は、
日本人にはあまり馴染みがない?

でも、歴史はとっても古いんです!

なんと、聖書にイナゴ豆が
登場しているんですよ~。

マタイ伝3章4節より
「…ヨハネは、らくだの毛ごろもを着物にし、腰に皮の帯をしめ、いなごと野蜜を食物としていた」

ヨハネがイナゴ豆を食べていたことから
イナゴ豆は「聖ヨハネのパン」
という別名がついています。


イナゴ豆は、糖分がとても多いので、古くから家畜の飼料にしたり、貧しい人たちの食料となっていたんです。

イナゴ豆の木は、乾燥にも強く
一年中葉をつける常緑樹。

きっと人々にとって、大切なエネルギー源だったのでしょうね。


 

ゲル化剤・安定剤として使われていた!

感心している場合じゃありません。

このイナゴ豆、なんと私たちも
食べていたんですよ!!

イナゴ豆を加工して、
食品添加物として使われています!
地中海諸国から輸入しているんです。

 

お菓子売り場に売っていた
スティックゼリーを見ると…。

ゲル化剤「ローカストビーンガム」↓

他にも、
クリームチーズには安定剤として
ローカストビーンガムの文字が。↓

あらま!
私たちも知らず知らずのうちに
食べていたとは!!!

 

カラットの語源はキャロブ!!

それからそれから!
女性にはとっても馴染みのある言葉。

宝石の重さを表す「カラット」。

カラットの語源は、なんと!
キャロブからきていたんです!

キャロブの種子は、
大きさや重さがほとんど同じ。


なので、古くからキャロブを
分銅の代わりにしていたんですって。

キャロブの属名Ceratoniaに由来して…

キャロブ1つの重さ(0.2g)
=1カラット

となったのです。

 

すごいな!キャロブ~!!

この1個のキャロブが、
1カラットのダイヤに変身しないかしら♪


なんちゃって♪

さてさて…、
キャロブを試してみましょうね。

 

 

キャロブでお菓子を作ってみよう!


まずは、簡単に。

ココアの代わりになる?
ということで、ミルクココアに挑戦!

 

ミルクキャロブ

材料

・キャロブパウダー
・牛乳
・砂糖


キャロブパウダーが甘いので
砂糖を少なめにしてみまーす。

キャロブパウダーと砂糖を
お湯で溶いて、牛乳で伸ばします。

ミルクココアと同じ作り方ですね!

 

じゃじゃーーん!
見た目は、色の薄いミルクココア♪

味は、苦味やコクのないココア。

これは、なかなか美味しいぞ!

自然な甘さで、
しつこくないのがちょうどいい!
それでいて満足感もある!
ハマりそう。

キャロブの味も分かったところで
次は、チョコを作ってみよう!

 

 

キャロブ生チョコレート

最近ハマって作っている、
豆腐生チョコレート。
キャロブパウダーで作ってみます!

材料

・キャロブパウダー
・豆腐
・ココナツオイル
・砂糖


ココアパウダーの代わりに、
キャロブパウダーをつかいます。

 

全ての材料をミキサーにかけまーす!


全体が良く混ざって、
照りが出てきたら、
型に流し込んで固めます!


ココアパウダーで作るよりも
粒子が粗いからなのか、
もったりとしています。

周りにキャロブパウダーをまぶしたら
完成♪

見た目は、生チョコ♪

 

ココアパウダーで作ったものと比較。

見た目は近い仕上がり!


口に入れた瞬間は、
甘くて美味しい!

でも…
鼻から抜ける香りが…ワラっぽい。

うーーーん。
美味しいとは言えない。

それに、ココアで作るような苦味や
コクがないので甘すぎる~!!!

 

チョコ好きの私としては…

チョコの代わりには
ならなーーーい!!

 

うぅ…諦めたくないなぁ…。
焼いてみたらどうだろうか。

 

キャロブクッキー

材料

・キャロブパウダー
・たまご
・バター
・米粉(or小麦粉)
・砂糖



クッキーの基本的な作り方で
やってみました!

 

バターと砂糖を擦り混ぜたら、
たまごを入れて…

米粉とキャロブパウダーを入れます。

今回は、型抜きで
可愛いクッキーにしました!

バレンタインに向けての挑戦なのを
忘れちゃいけない。

焼いている最中もいい香りで
期待できそう!

 

完成したのがコチラ♪


私には珍しく、
かわいくできました!!

 

予想通り。焼いたことで
香ばしさとバターの香りで、
ワラっぽさが消えている!

これはこれは、いい感じだ!

少し楽しくなってきたので、
もう一つ挑戦♪

 

 

キャロブのブラウニー

材料

・キャロブパウダー
・たまご
・バター
・米粉(or小麦粉)とベーキングパウダー
・砂糖
・くるみ



作り方は、クッキーとほとんど同じ!

今回は、大好きなクルミを
入れてみました~。


完成したのがコチラ♪


うん!なかなかの出来栄え♪

味も、ココアパウダーでつくる
ブラウニーに近いぞ!
少しだけあっさりしている感じかな。

私には十分満足!
香りも気になりません。


 

キャロブを使ってみて…


キャロブは、乾燥にも強いマメ科の植物。
地中海付近で栽培されています。

乾燥・粉砕したキャロブパウダーは、ココアパウダーの代用としても注目されています!

キャロブ自体に甘みがあるので、
いつものレシピから砂糖を減らして
使ってみることをオススメします!

今回、主人にも
試食をしてもらいました。

1番のお気に入りは、クッキー!

これで、バレンタインも
安心して迎えられそうです♪

 


 

きっとまだまだ世界には、
知らない食べたことのない食材が
あるんだろうな~♪

みなさんも是非、
「キャロブパウダー」
試してみてください!

 

次回の食オタNOTEもお楽しみに!!

フードメッセンジャー:豊岡 加奈子(とよおか かなこ)

調理師

野菜と人をつなぎ、身体も心も整える野菜ソムリエ・重ね煮料理家です!

野菜を中心とした料理や、身体と心を整える「重ね煮」料理の料理教室を開催しています。野菜がたくさん摂れるメニュー、日々の調理が時短になる料理法、つくりおきをお伝えしています。 大学で農業を専攻していたこともあり、現在も生産地を訪れ農作業を体験し、野菜・果物が命であることを感じれるようにしています。産地レポートや野菜・果物の情報発信、店頭でのPRも得意です。 作り手の想い、野菜・果物の魅力を伝えることで、食べる人、作る人どちらも、心が豊かになるよう心がけています。

RANKING

1

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

27159

2

生ウコンの食べ方&飲み方〜野菜オタク的ウコン…

9294

3

うがい薬で実験!ビタミンCが多い野菜を調べて…

7796

4

野菜で紙を作ってみよう!

5822

5

野菜で絵の具を作ってみよう!

5558

6

黒穂菌?謎の菌菜「マコモダケ」にせまる!収穫…

5385

7

人気の野菜染め〜第2弾!もっと簡単に染める方…

4707

8

【自由研究テーマ一覧】夏休みは野菜実験!

4397

9

野菜色素の不思議な力〜アントシアニン酸性アル…

2893

10

もやしをお家で育ててみよう!

2756

11

岡山県からのお仕事≪特設≫おかやま応援TOK…

2371

12

片栗粉を作ってジャガイモでんぷん量の比較実験…

1976

13

インスタ映えする“野菜寿司”を作りましょう!…

1907

14

野菜の切り方調査!基本カットから飾り切りまで…

1815

15

カラフル人参大解剖!!生食だけじゃもったいな…

1723

16

ブドウはどの部分が甘い粒?追熟する?糖度実験…

1602

17

病院食で学んだバランスのよい食事体験記

1392

18

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

1352

19

大根パワー実証実験!大根おろしは胃もたれに効…

1287

20

ナス <野菜オタク> 野菜辞典 vol.14…

1277

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング