PAGE TOP

NOTE

ヤサオタnote

野菜オタクが本気で検証!野菜のあれこれ

  1. 【夏休み自由研究】野菜色の「バスボム」作りに挑戦!

【夏休み自由研究】野菜色の「バスボム」作りに挑戦!

食オタ仲間の豊岡さんは、
野菜石けんを作っていましたね~!

「野菜石けんをつくろう」
 https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18101

 

野菜の色でまだまだ遊びた~い!!!
石けんができるなら、他に何か…。

 

ということで、
引き続き 夏休みの自由研究 シリーズ!

 

今回は、バスボムを作ってみようかと。
バスボムって、コレ↓  笑

お風呂などに入れるとブクブクする
楽しい入浴剤です!

 

カラフルな野菜で作ったら
かわいいものができそうな予感…♪

早速、やってみましょう!!

 

 

バスボムって何?

 

バスボムとは

「バスボム」って知っていますか?

お風呂に入れるとブクブクする
発泡入浴剤のことです。

 

炭酸ガス効果で血行を良くして、
体を温めるとも言われています。

 

なぜブクブクするの?

ブクブクする発泡、楽しいですよね~!

これは重曹クエン酸が加わって
起きる化学反応なんです。

重曹(アルカリ性)

クエン酸
(酸性)

= 発泡


自宅でできる簡単な実験の一つですね!

 

身近な材料で、意外に簡単に
オリジナルのバスボムが作れるんです♪

大人の人がお手伝いすれば
お子さんでも作れますよ!

 

オリジナルでバスボムを作るには
色や香りをつけるのが一般的。

 

では野菜で色をつけるのはどう?
だって野菜オタクですもん!

そうなると居ても立っても居られません  笑

まずは色を取り出してみようっと♪

 

 

野菜の色の準備をしよう!


まずはお勉強!
過去の記事を熟読。

「野菜絵の具」
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=11828

「野菜石けん」
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18101

 

使う野菜を集める

せっかくなら今回もカラフルに!

こんな野菜を集めてみました!!

準備した野菜類

・パプリカ(赤、黄)
・人参
・コリンキー
・赤大根
・紫キャベツ
・ビーツ
・トマト
・きゅうり
・えごまの葉
・じゃがいも(シャドークイーン)
・バタフライピー

 

じゃがいもは、鮮やかな紫色の
シャドークイーンを使用しました。

 

青い色もほしかったので
バタフライピーも仲間入り。

青い色を使いたい時に
最近人気のハーブです。

 

 

色を抽出する方法

皮やへたなど食べない部分を中心に
色を取り出してみます。

 

どうやって色を抽出しようかな?

抽出の際のチェックポイント

できるだけ色の濃い抽出液を作る!

バスボムは
重曹+クエン酸+水=発泡。

つまり、あまり水分を多く入れると
発泡しちゃうんですよね!!

 

なので、少量の液で染まるように
抽出液の色を「濃く」!

 

水分量をなるべく減らしたいので
今回ブレンダーは断念。

ブレンダーは水分を入れないと
うまく回りませんからね…。

 

それぞれの野菜の持つ水分だけで…

ということは、これを使えば!?

 

細かく刻むためにチョッパー!!

 

紐を引くだけで中の刃が回り、
あっという間にみじん切りになるという
便利なアイテム♪

 

水分を減らすと言っても
色は取り出さなければなりません!

「刻んで、しぼる」

この方法で色を抽出してみます!!

 

 

抽出液をつくる

チョッパーで細かく細かく
刻んでみると…

美しい~~~~!!!

 

「じゃがいも(シャドークイーン)」は
蒸したへたの部分にお湯を加えて
ゆるいペーストに!

 

「えごまの葉」は、
さすがにチョッパーじゃ刻めないので
手で刻みました。

 

「バタフライピー」はハーブティー。
少なめのお湯で濃く出しましたよ。

12種類のうちの下記の9つは、
チョッパーで出来ました!

赤パプリカ・黄パプリカ・コリンキー・人参・赤大根・ビーツ・トマト・きゅうり・紫キャベツ

 

細かく刻んだものを
ペーパーやガーゼでしぼると…

じゃーん!!

 

キレイですねー!!!!!

もう、これだけでうっとり♥

 

こうして12種類の取り出しに成功!

どんなバスボムができるのか
ワクワクする~~~♪

 

バスボム作りに挑戦!

 

野菜の色が抽出できたところで
いよいよバスボムを作ってみます!

準備するもの

・重曹
・クエン酸
・塩
・野菜の色素
・小さめのホイッパー
・抜型
・はかり
・スプーンや容器 など

ホイッパーや型などは、100均や
ドラッグストアでも手に入ります!

 

肌への刺激を考え、重曹とクエン酸は
工業用ではなく、食品グレードを使用。

 

 

それぞれの配分量は
とってもシンプル!

バスボム作り配分量

重曹2:クエン酸1:塩1 

 

重曹20g・クエン酸10g・塩10gで
これくらいの大きさのものができます!

 

ええと、
作り方を調べてみると…。

バスボムの作り方

1. 重曹とクエン酸を混ぜる

2. 塩に色をつける

3. 1と2を混ぜる

4. 全体が混ざったら、型に詰める

5. 1~2時間で型から外し、乾燥させる

 

なるほど!意外と簡単!!
やってみましょう~!

 

初挑戦!

まずは、重曹とクエン酸を混ぜるのね。


塩に色をつけて…

 

あれっ!少し水分が多そう。
でも、このままやってみようっと。

2つを混ぜます。

 

嫌な予感は的中!
もこもこっと発泡…。

一応発泡がおさまってから
型に入れてみました。

やっぱり失敗!

 

【失敗例】

水分が多いと発泡してボロボロになる

 

 

2回目の挑戦!

気を取り直し、もう一度チャレンジ。

塩に色をつけて…

ん~いい感じ♪



重曹とクエン酸と塩を混ぜるのよね。

キレイ!!


これぐらいの発泡なら
混ぜこめば平気そう。

 

な~んて思いながら
ゆっくりやっていたら…

あっという間に固まってしまいました。
これでは詰められない(泣)

【失敗例】

手早くやらないと固まっちゃう!
サッと成形を…。

 

 

3回目の挑戦!

なかなか難しい?
でもコツがつかめてきたかも??

もう一度チャレンジ!笑

 

全部混ぜるまでは順調。
いよいよ型に詰めます。

 

どんどん詰めます!

詰め終わってホッと一息。

 

これで大丈夫!と思っていたら
一部を型から抜くのを忘れてた!!

そうしたら…
そ~っと型からはずしたのに
うまく抜けなくて割れちゃった…。

残念!

短時間ではずして乾燥させた方が
上手にできました。

 

【失敗例】

型にはめたまま放置すると、うまく抜けなくてボロボロに…。
短時間で型から外して乾燥させないとダメ。

 

 

バスボム作り成功!!

失敗を乗り越え、
1つ1つ丁寧に素早くやってみたら
無事にできあがりました!


かわいい…♥
お風呂タイムが楽しくなりそう♪

 

こうしてみると、
結構色が濃く出ていますよねー!!

混ぜた段階では
これぐらいの色だったんですよ。↓

 

黄・橙系

 

赤系

 

緑&紫系

思っていた色とは違うものもありますが
かわいいパステルカラーができました!

これだけで優しい気持ちになれますね~。



力を込めて型に詰めたので
濃くなったのかも?

 

何色か混ぜてもかわいいですね!

 

上手に作るコツ

一度にたくさん作らず、少しずつ作ること!

 

 

バスボムを使ってみた!

完成したバスボムを
お湯に入れてみます!!

こんな感じ~♪

楽し~い!!!

 

 

 

まとめ

 

私のように失敗しないよう
ポイントをまとめておきますね。

これさえ守れば、誰でもできます!

☆ ポ イ ン ト ☆

●水分が入ると発泡してしまいます。
なるべく水分量を抑えること!

●混ぜたら急いで型に詰めること!
ギュギュっと詰めてくださいね。
 
●1~2時間したら型からはずすこと!
そのまま乾燥させます。

●できあがったら密閉容器で保存。

★ 注  意 ★

●肌の弱い方はご注意ください。

●生の野菜を使用しているので、
長期間の保存には向きません。
作ったら早めに使用してください。

●目に入らないようにしてください。

追炊きや洗濯使用は控えてください。

 

いかがでしたか?

 

理科大っ嫌いな私。
でも最近少しだけ好きになってきました。

自分の興味があることを絡めると
理科も好きになれるんですね~!

 


 

夏でも冷房で手足は冷えています。

まずは手湯や足湯で
楽しんでみるのがいいかも? 笑


夏休みに是非作ってみてくださいね。

次回の食オタノートもお楽しみに~♪

 

 

 

 

 

©VACAVO inc.(株式会社ヴァカボ) 当サイト内の文章・画像等の内容の無断使用・無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

 

 

フードメッセンジャー:魚谷 真理子(うおたにまりこ)

野菜大好き!発酵大好き!!

医療の現場に10年以上勤務した経験をもとに、BODY・FOOD・MINDを3本柱に健康を考えています。何事もバランスが大切!また重度の食物アレルギー児を育てた経験もあります。

RANKING

1

魚のアラは最強出汁!魚は丸ごと買ってだしを取…

9198

2

マグロ刺身を長持ちさせるには?!保存方法を実…

8545

3

牛すじ肉を早く&やわらかく下茹でするには?時…

7646

4

肉オタが選ぶ!いちばん簡単な筋切り&すじ取り…

7546

5

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

6577

6

ココナッツの実にストローをさす飲み方に挑戦!…

5896

7

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

5719

8

ピクニックでも崩れない「萌え断サンドイッチ」…

5373

9

エビの下処理方法を比較!臭み取りには酒・片栗…

5170

10

生ウコンの食べ方&飲み方〜野菜オタク的ウコン…

4297

11

カラフル人参大解剖!!生食だけじゃもったいな…

3569

12

リンゴの変色を防ぐには?塩分濃度や漬ける時間…

3509

13

レタス保存方法を追求!芯に爪楊枝をさすと鮮度…

3452

14

実験!お弁当に入れると傷みやすい野菜はどれ?…

2581

15

タケノコ食べたーい♪アクもエグミもこれで解決…

2490

16

豚&鶏レバーの臭みを消せる下処理方法を比較実…

2350

17

サツマイモと米でつくる謎の発酵飲料「ミキ」づ…

2183

18

鶏むね肉を柔らかくする方法!いろんな材料で漬…

2170

19

イカは冷凍保存ができる食材!冷凍&解凍方法を…

2127

20

大根パワー実証実験!大根おろしは胃もたれに効…

2086

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング