PAGE TOP

NOTE

ヤサオタnote

野菜オタクが本気で検証!野菜のあれこれ

  1. 【夏休み自由研究】野菜の捨てちゃう部分で「野菜石けん」をつくろう!

【夏休み自由研究】野菜の捨てちゃう部分で「野菜石けん」をつくろう!

野菜の色って本当にキレイ♪

「この色を何かに活かせないかなぁ~」
と常に考えてしまう野菜オタクです…汗

夏休みに、大人も子供も楽しめて
野菜の色を活かせる「ものづくり」
楽しそうだな~♪

 

そこで今回の食オタNOTEは…
夏休みの自由研究にもピッタリ!!

野菜の色でカラフルな石鹸をつくろう!

 

 

 

石けん作りの準備をしよう!

 

石けんって不思議ですよね…!!

普段は固まっているのに、
水が加わると溶けて泡立つ。

 

そもそも石鹸ってなに?

石鹸って一体、なにで出来ているの?

直売所で購入した「手作り石鹸」の
成分を見てみると…↓

オイルの名前がたくさ~ん!

そう!石鹸の材料は、
主にオイル(油脂)なんです。

 

オイルに、水酸化ナトリウムを加えると
鹸化(けんか)という化学反応が起こって
石けんができるのです。

※水酸化ナトリウム=苛性ソーダ

 

つまりこういうこと!

オイルと苛性ソーダと水で、
石鹸って出来ていたんですね♪

石けんって化学だ!!

 

 

本格派石けんづくり材料集め!

まずは、基本のこの3つの材料で
本格的な石鹸を作りに挑戦!!

【本格派】石鹸作りの材料

(1) オイル

(2) 水

(3) 苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)

材料を集めましょう~!

 

(1)オイル

まずは、
石鹸のベースとなる「オイル」。

用意してみたのはこちら↓

食用にも使っている
オリーブオイルとココナッツオイル。

 

それから「パーム油」で作ってみます!

パーム油は、
石鹸を硬く仕上げるのに必要なんです!
(パーム油以外だとシアバターなど)

 

(2)水

そしてお水は、
精製水を準備してみました。

精製水は、ドラックストアの
コンタクトレンズコーナーで発見!


なければ、水道水でも良いようです。

 

(3)苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)

鹸化させるのに最も大切な材料!
「苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)

化学反応に必要な水酸化ナトリウムは、
苛性ソーダを使います!

 

これがそうです↓

苛性ソーダとは

化学名:水酸化ナトリウム

毒物及び劇物取締法や薬事法で「劇物」に指定される薬品。強アルカリ性で、水に溶かすと激しく発熱をする。

 

「劇物」と聞くと取り扱いが怖くなるし
購入するのもソワソワしてしまう…。

緊張しながらドラックストアへ。

 

ところが…

「売っている店がない!!」
(4軒まわりました…)

親切な店員さんが教えてくれました。
苛性ソーダは、劇物なので
処方箋薬局でのみ取り扱いのようです。

処方箋薬局とは

薬剤師が常駐し、調剤している薬局のこと。

※薬局(ドラックストア)は、薬剤師が常駐していないことも多く、一般医薬品しか販売していないこともある。

苛性ソーダ購入時には、
氏名・住所・職業・使用用途の記入と
捺印・身分証明書の提示が必要でした。

 

 

これで材料が揃いました!
ふぅ~。

 

 

道具を揃えよう!

本格派石けん作りに必要な
道具も揃えていきましょう!

※器具は、料理用とは別のもので用意をしてくださいね!使用後は調理器具として使用しないでください。

【本格派】石鹸作りの道具

・はかり(スケール)
・温度計
・ゴムベラ
・泡だて器
・マドラー
・持ち手付容器
・ボウル(オイル用、冷ます用)
・保冷剤
・石鹸の型(牛乳パックなど)
ゴム手袋
・マスク
・エプロン
・メガネ

 

大切な防具

準備に大切なのが、苛性ソーダ対策!

ゴム手袋、マスク、エプロン
メガネ(ゴーグルなど)!

この格好です↓



苛性ソーダは、
水と混ざると熱を発生して
刺激臭がでてきます!!

吸い込み危険!!

さらに、
たんぱく質を腐食する性質もある!

皮膚につかないように、注意が必要!

 

ほかの道具も用意できました。



これで本格派石けん作りの
準備は完了です!!

 

 

石けんを作ってみよう

~本格派/子ども向け~

 

いざ!
石けんを手作りしてみます!

【本格派】石けんの作り方

★本格的な石鹸づくりでは、危険な作業もあるため、子供と一緒につくる際は分担しましょう!

 

1、オイルの準備(こどもOK)

ここはお子さまお手伝いOKです!

オイルは今回、3種類をブレンド。


オリーブオイル:ココナッツオイル:パーム油を、「3:1:1」くらいの割合で調合してみました!

 

オイルは、湯煎をして
液体状に
溶かしておきます。


沸騰したお湯が入ったボウル上で
湯煎。

温度を上げる必要があるので
このまま湯煎し続けます。

 

2、苛性ソーダ水をつくる(大人担当)

ここは大人が担当してください!
子どもは離れたところで見学で~。

▼注意事項▼

※しっかり換気をしましょう!

※子供やペットの手の届かないところで作業しましょう!

※苛性ソーダは直接触ることのないように!(手袋着用)


※使い終わったら、苛性ソーダの蓋はすぐに閉めましょう。

 

精製水と苛性ソーダをそれぞれ計量。



混ぜる前に、精製水を
保冷材で冷やしておきます!


こうすると、
急激な発熱を抑えることができる!
刺激臭の発生も少なくなる気がします。

 

少しずつ苛性ソーダを入れていきます。

慎重に…、慎重に…。
2~3回に分けて入れていきましょう。



その都度、
マドラーでかるーく混ぜます!

見て!!
計量カップがすぐに曇り始めました!↓


温度が上がり始めた証拠!!
そして刺激臭も発生してるー!!

 

覗き込むのは、絶対ダメ!!


水蒸気を吸うと、むせます!!

目や鼻の粘膜には、
特に刺激になるので注意!

「しっかり溶けるまで放置」
がオススメです!

 


換気のいいところに置いて、
45℃前後に冷めるまで離れて待ちます。



 

3、オイルと苛性ソーダ水を合わせる(大人担当)

ここも大人が担当してくださいね!

オイルと苛性ソーダ水の温度を確認!

同じくらいの温度になったら
オイルの中に苛性ソーダ水を入れます。

 

泡だて器でよーくよーく混ぜます。
シャカシャカ♪シャカシャカ♪


※苛性ソーダの性質がまだ残っているので、飛び跳ねないように注意!

 

よーく混ぜていると
半透明になって、とろみが出てきた!↓


これを石鹸づくり用語では
「トレース」というのだそう。

 

トレースが出てきたら、混ぜ混ぜ終了!

 

4、型に流し込む(大人担当)

ここも大人が担当した方が無難。

ゴムベラを使って、
型に流し込んでいきます!


今回は、用意も手軽な牛乳パックで
やってみました!

 

5、蓋をして保温(こどもOK)

お子さんに手伝ってもらってOK。

ガムテープなどで止めて蓋をします。

ゆっくりゆっくり冷ますことで
キレイなせっけんができるみたい!

 

夏は常温放置でOK!

冬は保温できるバックなどに入れて、
24時間ゆっくりと冷やし固めます。

 

 

6、型から出す(こどもOK)

お子さんの出番です!

24時間後。
丸1日経ちました!

固まっているのわかるかな。


固まっているのが確認できたら、
牛乳パックを破るようにして
石けんを出していきます。

 

破って出せるから
子供でも初心者でも簡単♪

色の映らない紙の上で作業しましょう!
新聞の上でやると文字が写ります…汗

 

7、カットして乾燥(こどもOK)

包丁が使える子ならお手伝いOK!

包丁などで好きな大きさに
切っていきます。

包丁も専用のものを
用意してくださいね。

 

風通しの良いところで
乾燥させます。


出来立ては、周りがベトベト~。

1日経つと表面が乾いてくるので、
ここで再度、切りそろえると
キレイに仕上がりますよ!

 

4週間くらい乾燥・熟成させたら完成!!



ふぅ~。なかなか大変でした!

慣れてきたら楽しそうだけど…

準備も大変だし、危険度も…
子供の自由研究にはハードル高い??

 

 

【子ども向け】石けんの作り方

本格派は小学生や初心者には
チョット…。

 

と思っていたら、
石鹸づくりの材料を見つけましたー!

じゃん♪ソープの素!


他にも「石鹸のもと」「せっけん素地」
という名前で売っています。

 

今回購入したのは、こんな感じ。
ちっちゃい針状のもの↓

 

水やエッセンシャルオイルを足して
こねこね、もみもみするだけ♪


ビニール袋の中で作ると簡単!
すでに硬さがあるので成型もラクチン!

 

ジュースパックで型を作って、
型に押し込んだりもできちゃう♪

好きな形に丸めても作れちゃう♪
トマトの形に作ってみました!↓



子供もこれなら簡単だし
こねたり成型したり楽しそう♪

 

 

野菜せっけんにチャレンジ!

 

さぁて、ここからが私の
ワクワクチャレンジ!!!

野菜エキスを加えた石鹸に
挑戦してみます♪


野菜は、根本や皮など
捨てちゃうところを使用しました。

もったいないからね!

使用する野菜

・ほうれん草
・人参
・トマト
・ピーマン
・ビーツ
・黄色パプリカ
・オレンジパプリカ
・赤パプリカ

 

1、野菜エキスを抽出

ハンドブレンダーで
ジュースにしていきます!

 

トマトは、簡単にジュースになる♪

 

水分の少ない人参やビーツは、
水分を足してみました!

 

繊維の多いものは、
しっかりと濾してあげました!


 

8種類の野菜エキスが
かんせーーい♪

おぉ~♪なんと美しい!!


たまらなーーーい!!

 

 

2、ソープの素に野菜エキスを入れる

子供でも初心者でも、簡単に!
今回はソープの素を使います!

 

スプーンで少しずつ
野菜エキスを加えていきます。

よーくよーく揉みこんで♪

少しずつ色が馴染んでいくのが
おもしろーーーい♪

 

8色揃うとこんな感じ♪

どれが、何の野菜いろでしょう!?

なんだか美味しそう!?
ダメダメ、食べちゃいけない。

 

思っていた以上にキレイに発色♪
ワクワクがとまらなーい♪

 

今回は型に押し込めて、成型!
型はジュースパックでつくりました。


※型から出したら、包丁などで切ってあげると、美しいカタチに仕上がります!

 

風通しの良い所で1週間くらい
乾燥・熟成させます!

 

じゃじゃーーーん!

 

出来たのがコチラ♪

どやどや♪

 

熟成している間に、
色が変化するものもありました!

ビーツは混ぜた直後はキレイだったのに
1日経つと、紫色が茶色に…。

でも、これまた自然な良さですね♪

他にも、色の変化がでる野菜はあるのかな??
いろんな野菜でチャレンジしてみたいな!

 

 

まとめ


オイルと苛性ソーダからつくる石鹸は、
すこしハードルが高い…。

ので!初心者や子供には
「せっけんの素」を使うのがオススメ!


 

好きな野菜エキスや、
エッセンシャルオイルを入れて♪

お好みの香り・色のせっけんが
手軽につくれます!

 

今回使用した野菜

・ビーツ
・赤パプリカ
・トマト
・人参
・オレンジパプリカ
・黄色パプリカ
・ピーマン
・ほうれん草


全て、ミキサーで液体にしてから濾しました!

★野菜は、食べれなくなってしまったものや、皮や端っこなどの食べないところを使ってあげてくださいね。ビーツは、皮でもよく色が出ます!!

 

他にも、果物でもチャレンジしてみると
おもしろそぉ~♪

 


 

その後。

オイルと苛性ソーダでの作り方でも
野菜エキスを入れて作ってみました!

精製水の代わりにトマトジュースで…


出来上がりは、
きめが細かくてキレイ!

泡立ちもいいように感じました♪



野菜石鹸がたっくさんできて
使うのが楽しみ!!

 

野菜の色って美しい♪

次回の食オタNOTEもお楽しみに!!

 

 

 

 

 

©VACAVO inc.(株式会社ヴァカボ) 当サイト内の文章・画像等の内容の無断使用・無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

 

フードメッセンジャー:豊岡 加奈子(とよおか かなこ)

調理師

野菜と人をつなぎ、身体も心も整える野菜ソムリエ・重ね煮料理家です!

野菜を中心とした料理や、身体と心を整える「重ね煮」料理の料理教室を開催しています。野菜がたくさん摂れるメニュー、日々の調理が時短になる料理法、つくりおきをお伝えしています。 大学で農業を専攻していたこともあり、現在も生産地を訪れ農作業を体験し、野菜・果物が命であることを感じれるようにしています。産地レポートや野菜・果物の情報発信、店頭でのPRも得意です。 作り手の想い、野菜・果物の魅力を伝えることで、食べる人、作る人どちらも、心が豊かになるよう心がけています。

RANKING

1

生ウコンの食べ方&飲み方〜野菜オタク的ウコン…

1147

2

マグロ刺身を長持ちさせるには?!保存方法を実…

992

3

魚のアラは最強出汁!魚は丸ごと買ってだしを取…

978

4

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

917

5

もやしをお家で育ててみよう!

513

6

肉オタが選ぶ!いちばん簡単な筋切り&すじ取り…

307

7

野菜で絵の具を作ってみよう!

293

8

ブドウはどの部分が甘い粒?追熟する?糖度実験…

289

9

うがい薬で実験!ビタミンCが多い野菜を調べて…

277

10

【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみ…

269

11

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

267

12

野菜色素の不思議な力〜アントシアニン酸性アル…

249

13

鶏むね肉を柔らかくする方法!いろんな材料で漬…

241

14

カラフル人参大解剖!!生食だけじゃもったいな…

237

15

大根パワー実証実験!大根おろしは胃もたれに効…

230

16

野菜で紙を作ってみよう!

203

17

里芋はなぜネバネバする?ネバネバの正体とは

199

18

片栗粉を作ってジャガイモでんぷん量の比較実験…

192

19

赤い野菜をもっと鮮やかに!華やか料理への活用…

192

20

黒穂菌?謎の菌菜「マコモダケ」にせまる!収穫…

187

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング