PAGE TOP

NOTE

ヤサオタnote

野菜オタクが本気で検証!野菜のあれこれ

  1. 時短でかんたん!野菜の皮むき方法検証~トマト・パプリカ・玉ねぎ・ニンニク

時短でかんたん!野菜の皮むき方法検証~トマト・パプリカ・玉ねぎ・ニンニク

毎日のお料理、面倒なときだってある!

 

今回の食オタノートでは、
巷にあふれている「皮むきの裏技」
検証してみます!!

 

すると、すると~
もっと簡単で美味しく仕上がる方法を発見!

 

少しでも簡単にできないものかなぁ…?
私のやり方ってベストなの?

疑問をもったら調べるのが~
そう、食のオタクです!

 

 

【時短検証】トマトの皮むき方法

 

トマトの皮むき方法=「湯むき」

って、当たり前ですよね~。

 

でも、1個だけ使いたい時
面倒くさくありませんか?

そのためにお鍋にお湯をわかすなんて…

 

トマトの皮をむいた方が良いお料理って
そもそも何でしょう?

皮そのまま / サラダ・炒め物

皮はむく / 和え物・煮込み・ポタージュ

 

シンプルサラダは皮つきトマトもOK。

でも。ドレッシングが馴染むのは皮なし!
ですよね~!
口当たりもよいですものね!

▲千葉県の農家さんから中玉トマトを買ってきました!

 

食オタメンバーに
トマトの皮むき方法をリサーチ!

この3つの方法がありそう!

比較するトマトの皮むき方法

(1)湯むき

(2)電子レンジ加熱

(3)熱湯に浸す

 

さぁ、実験開始です!

 

(1)湯むき

王道は湯むきですね。

十字に切り込みをいれて、
熱湯につけ、冷水にとる!

とても簡単なことですが、まれに
「ヘタ付近の皮がむけない!」
なんてありませんか?

 

調べてみると「十字に入れる必要なし」
という食オタ情報も!!

「ヘタを包丁で浅く取る!」
これでOKとのこと。

十字の切込みじゃなく、
ヘタを取る方法でやってみましょう!

 

しかも熱湯には長く入れず、
「10秒」で良いとの情報が!!

沸騰したお湯に入れてから10秒。


きれいに湯むきできました!
たった10秒でいいんですね~!

 

しかも皮がキレイに剥ける!!!

湯むきしたぬるぬるトマトのヘタ、
手が汚れるの嫌だったんです~。

これは便利だわ!

トマトの皮むき裏ワザポイント

<方法>湯むき
十字の切込みではなくヘタを切り落として、沸騰のお湯に10秒でOK!

<手順>
1 お鍋に多めのお湯をわかす
2 ヘタを浅くきりとる
3 沸騰したお湯に10秒つける
4. 冷水にとり、皮をむく

<オススメ>
大量のトマトの皮をむきたい時に便利

 

 

(2)電子レンジ加熱

電子レンジで湯むきできるなら
楽ですよね~。

裏ワザ情報では「600w・30秒」で
むけてくるとのこと!

やってみましょう!!

 

こちらも「ヘタ付近を切り落とす」で
検証してみました。

1分加熱してもむける気配なし…。

こんな風になっちゃいました~。

エキスばかりが出てしまい
もったいない!

電子レンジ加熱の場合は、
ヘタは残さないとダメみたいです!

青めのトマトだったことも原因かも…?

 

再チャレンジ!

完熟トマトを準備。
ヘタを切り取りではなく、
十字の切込みを入れるに変更!

すると…、お~!
今度はキレイにむけました!

トマトの皮むき裏ワザポイント

<方法>電子レンジ加熱
ヘタを切り取るのではなく、十字に切り込みを入れる!

<手順>
1 十字の切り込みを入れる
2 600w・30秒加熱する
3 冷水にとり、皮をむく

<オススメ>
完熟トマトの時はコレ!
青いトマトだとヘタ付近がむけないこともあり

 

さきほどのまだ少し青かったトマトも、
湯むきしたらキレイにむけました~。

簡単そうだった電子レンジ加熱ですが、
青いトマトには不適合でしたね!

 

 

(3)熱湯にひたす

この裏ワザはどうでしょう??

「トマトを熱湯にひたす」

 

やってみましょう♪

トマトのヘタ付近を浅く切って、
保存容器に入れ、お湯を注ぐだけ!!

それでいいの?!って感じですよね。

 

それが…
一瞬でむけました!!!

簡単でキレイ~♪

ちなみに十字の切込みじゃなくて
ヘタの方を切り取りました。

 

これならお鍋を洗う必要なし!
どれだけズボラなんでしょう(笑)

トマトの皮むき裏ワザポイント

<方法>熱湯にひたす
ヘタを切り取って、熱々の熱湯を注ぐ!

<手順>
1 ヘタ付近を浅く切り取る
2 保存容器にお湯をそそぎ10秒
3 冷水にとり、皮をむく

<オススメ>
1個だけむきたい時に便利!!

1個だけ湯むきしたい時に
すごく便利なんです!

私はこの方法にハマりました!!

 

この方法、ミニトマトにも活用♪

頂点に爪楊枝で穴をあけ、
お湯を入れたとたん!
スルスル~っと皮がむけてきます!

このひと手間で、驚くほど甘く、
食感もよくなりました!

ぜひ試してみてください♪
皮がかたいミニトマトにはバッチリ!

 

 

3種類の方法を実証したトマトの皮むき、
結果をまとめてみます!

トマトの皮むき比較 結果

(1)湯むき
一度で大量にむける!

(2)電子レンジ加熱
青いトマトなどむけない場合も
味もおちます

(3)熱湯にひたす
1個から手軽にできるのでオススメ!
ミニトマトにも活用できる

いずれの場合も、冷水に入れて
粗熱をとってくださいね!

その方が色がキレイで味もしまります!

 

 

 

【時短検証】パプリカの皮むき方法

 

パプリカも皮を剥いて使うときって
ありますよね~!

マリネやムースを作る時は、
皮をむいたほうが美味しい!!

 

パプリカの皮、どうやって剥いてる?

こちらも食オタに聞き取り調査。
4つの皮むき方法を検証です!!

比較するパプリカの皮むき方法

(1)オーブン焼き

(2)トースター焼き

(3)電子レンジ加熱

(4)冷凍→焼き

どれが簡単だったか、
予想してみてくださいね!

 

(1)オーブン焼き

王道は、オーブンで黒くなるまで焼く!

220℃で25分焼くと、
表面が黒くなりました~!

 

これを新聞紙に包み
5分ほど蒸し状態にすると…

キレイにむけました~~~♪

甘い香りがただよってきます!
美味しそう!

パプリカ皮むき裏ワザポイント

<手順>オーブン焼き
1 オーブンを220℃に余熱する
2 パプリカを入れて25分焼く
3 熱いうちに新聞紙に包んで5分間蒸らす
4 皮をむく

<オススメ>
大量に皮をむきたい時に便利

大量にむくときは良いけど、
1個の場合は面倒くさい…。

 

 

(2)トースター焼き

オーブントースターも便利♪

これはズボラな私がやっている方法で、
やり方はとても簡単!

縦半分に切ったパプリカを、
オーブントースターで焼くだけです!

 

こちらも、焼いたあとに
ホイルに包んで蒸すのがコツ!

オーブンと変わらない出来栄えです!

パプリカ皮むき裏ワザポイント

<手順>トースター焼き
1 パプリカを縦半分に切り、ヘタと種をとる
2 アルミホイルの上にのせる
3 オーブントースター1000℃・15分焼く
4 アルミホイルで包んで5分間蒸らす
5 皮をむく

<オススメ>
1~2個むきたい時に便利

オーブンで丸ごと1個焼くと、
ヘタと種を取るときに手が汚れる…。

トースターは私がお気に入りの方法♪

 

 

(3)電子レンジ加熱

電子レンジ加熱で皮がむける!
という情報もチラホラ。

検証してみました!

ラップに包んで、600w・1分。

あれ?むける気配なし…。

 

もう2分。
むける気配なし…。

冷水にとってみたら、
…なんとか少しむけそう。

少しつまみ食いしてみると、
なんだか甘さのないシナシナ状態。

 

味がおちるのでは、
検証しても意味がないかも…
ということで中止。

あと2分加熱すれば、
皮がむけたかもしれません。

ただ、若干果肉が残りそうです。

パプリカ皮むき裏ワザポイント

<手順>電子レンジ加熱
1 パプリカを縦半分に切り、ヘタと種をとる
2 ラップで包む
3 電子レンジ600w・2~5分加熱する
4 冷水にとって皮をむく

<オススメ>
むけても皮に果肉が残る場合もありそう

 

 

(4)冷凍→焼き

パプリカって、半分余ることは無い?
そんな時は、ぜひ冷凍を!

生のまま保存袋に入れて
冷凍するだけです!

 

冷凍パプリカは、
皮をむくのも楽でした!

冷凍→オーブントースター焼きなら、
約10分で完成します!
生よりも5分の時短です。

 

さっき失敗した電子レンジ加熱。
冷凍パプリカでリベンジです!

冷凍したものを、電子レンジに。

なんと~
今回は3分加熱でキレイにむけました!
シナシナにもなっていません。

パプリカ皮むき裏ワザポイント

<手順>冷凍→焼き
1 パプリカはヘタと種をとり、くし形に切る
2 生のまま保存袋に平らに入れ、空気をぬいて冷凍
3 オーブントースターで加熱し(1000w・10分)、アルミホイルに5分包んだあと、皮をむく。 または、電子レンジ加熱し(600w ・3分)、冷水にとって皮をむく

<オススメ>
凍った状態のまま加熱すること

 

 

パプリカの皮は
5つの方法でむいてみました。

結果をまとめます!

パプリカの皮むき比較 結果

(1)オーブン焼き
一度で大量にできる!
1個の場合は面倒くさいかな?

(2)オーブントースター焼き
1個から手軽にできる!オススメ!

(3)電子レンジ加熱
スルッと綺麗にはむけない…
食感も悪くなる…

(4)冷凍→焼き
冷凍すれば、電子レンジ加熱でもむける。ただし、甘みは薄い…。
冷凍後オーブントースター焼きなら、生から焼くよりも時短で完成!

味見してみると、かなり甘さに違いが!

その感想は、まとめで紹介しますね!

 

 

【時短検証】タマネギの皮むき方法

 

タマネギの皮がむけなくてイライラ!
という人も多いみたいですね!

私は、ほぼ無意識にやっているので、
何のコツも駆使せずにおりましたが…。

ラクな方法あるのかな~??

比較するタマネギの皮むき方法

(1)縦にむく

(2)横にむく

(3)水にひたす

(4)電子レンジ加熱

この4つの方法が浮上。
比較してみます!

 

 

(1)縦にむく

はい、これ一般的なやつです。

たしかに皮がボロボロに…。

もっとむきづらい時もあって、
たしかに時間がかかるかも!

 

 

(2)横にむく

まずは、タマネギの両端を切り落とし、
縦方向に少しだけむきます。

 

そこから横に~
くる~っとぉ!!!


切れることなく1周むけました!

この方法すごいです!

なんて気持ちいいの~~~
ストレス解消になるかも(笑)

 

ただ、根部分を切り落としちゃうので、
みじん切りの時にはむかないかな…。

 

 

(3)水にひたす

皮と実の間に水が入り、
皮がやわらかくなるので
むきやすいそうです!

検証してみましょう。

 

水に浸すこと10分。

縦にむいていきます。
うん!たしかにむきやすい!

むいた皮の大きさを見ると、
ボロボロに切れていない!

でも、ちょっと時間がかかるなぁ…。

 

 

(4)電子レンジ加熱

今までイマイチだった電子レンジ…
玉ねぎではどうでしょうか??

 

ヘタを切り落とし、
縦に包丁目を入れておきます。

 

耐熱皿に置き、ラップせずに、
500w・2分加熱。

 

横むきほどではないですが、
ほぼ1枚のままむけましたぁ~

 

電子レンジ、タマネギでは威力発揮です!
かなり簡単に皮がむけます!

ほどよくあたたかい感じ。

辛味がとれて、
みじん切りしても涙が出ない!
これは使えそう!

 

 

タマネギの皮むき比較 結果

(1)縦にむく
個体差で時間がかかる時もあり

(2)横にむく
超時短!ヘタを切り落とすので、
みじん切りにはむかない…

(3)水にひたす
10分ひたすので時間がかかる

(4)電子レンジ加熱
たった2分で簡単にむける。オススメ!
涙が出ないのも便利!

みじん切りする時は、電子レンジ。
みじん切りしない時は、横切り!

これからは、コツを使って
時短したいと思います!!

 

 

 

【時短検証】ニンニクの皮むき方法

 

ニンニクの薄皮は、むきづらくてイ
ライラする時あります!

しかも、どんどん手が臭くなる…!

 

食オタに聞き取り後、
浮上した方法はこの4つ。

比較するニンニクの皮むき方法

(1)つぶす

(2)瓶に入れてふる

(3)水にひたす

(4)電子レンジ加熱

では、やってみましょう!

 

(1)つぶす

これ、私がよくやる方法です。

ニンニク1片をポリ袋に入れ、
包丁の背でつぶします。


そのままフライパンに入れれば、
手も臭くならないんですよ~。

ただし、すりおろしはできません。

 

 

(2)瓶に入れてふる

一度やってみたかったんですよね~!

キレイにむけている情報もあったので、
期待大です!

 

あれ?
なかなかむけてきません。

疲れるくらい振っても、むけません~!

力のない私にはむいていません~
断念…。

 

それと、今回のニンニクの
乾燥度合いが低いのかも…。

 

 

(3)水にひたす

ニンニクは、
チルドルームで保管派の私。

 冷凍ニンニク・常温ニンニク、
皮の向け具合が変わるのでしょうか?

 

そこで今回は、保管場所が違う
3タイプを水に浸してみました。

A 冷凍
B チルド
C 常温

水に入れて…皮がむけるか?!

 

水に浸すこと1分。

冷凍は、スルッとむけました!

そして、チルドと常温保管も、
スルッとむけました~!

保管場所で差はそんなにないみたい。

水にひたすは、少しだけ使いたい時に
便利な方法ですね!

 

 

(4)電子レンジ加熱

ニンニクを丸ごと一気に皮むきできる!
との情報が。

えっ?丸ごと?

やってみます!!

 

まずは、ニンニクの底面を切ります。

 

耐熱皿にのせ、ラップせずに、
電子レンジ500w・約1分。

すると~
こんな感じ!!

 

今回は、動画でご紹介です!▼

 

笑っちゃいますよね~!

見ていて、なんだかスッキリ!

 

一気にむけちゃいますので、
大量に使いたい時に便利ですね!

アヒージョなんかには向いてる♪

ちょっと加熱されちゃうので、
香りは少しとびます。
でも逆に、使い勝手いいかも!

 

ニンニクの皮むき比較 結果

(1)つぶす
簡単!すりおろしにはなりません…

(2)瓶に入れてふる
疲れる…むけないニンニクもあり

(3)水にひたす
1片から手軽にできる。オススメ!

(4)電子レンジ加熱
一度に大量にむきたい時はオススメ!
臭いも軽減される!

 

 

 

まとめ

 

トマト・パプリカ・玉ねぎ・ニンニクと
皮むきの方法を検証してみました。

一長一短はありましたが、
時短になりそうでしたね!

 

皮むき方法検証&おすすめ

検証のまとめと、私の感想を記載します。

超オススメ=◎ オススメ=〇

微妙=△    NG=×

 

トマトの皮むき方法比較

湯むき ヘタを切り落とし、鍋で10秒 一度に大量にできる
電子レンジ 600w 30秒 青いトマトなど、むけない場合もあり
熱湯に浸す ヘタを切り落とし、保存容器で10秒 1個から手軽にできる

▲トマトの皮むき検証に戻る

 

 

パプリカの皮むき方法比較

オーブン焼き 220℃ 25分焼く 甘い。一度に大量にできる
オーブントースター焼き 1000w 15分焼く とても甘い。1個から手軽にできる
電子レンジ × 600w 5分加熱する 甘み薄い。食感も悪くなる。
冷凍→電子レンジ 600w 3分加熱する 甘み薄い。
冷凍→オーブントースター焼き 1000w 10分焼く とても甘い。時短で完成。

▲パプリカの皮むき検証に戻る

 

 

タマネギの皮むき

縦にむく 頭からお尻にむけてむく 個体差で時間がかかる場合もあり
横にむく 両端を切り落とし、横にひっぱる 超時短。みじん切りには不適合
水に浸す 水に10分ひたす 時間がかかる
電子レンジ 500w 2分加熱する 簡単!みじん切りむけ。涙が出ないのも便利!

▲玉ねぎの皮むき検証に戻る

 

 

ニンニクの皮むき

つぶす ポリ袋に入れ、包丁の柄でつぶす 簡単だが、すりおろしには不適合
瓶に入れてふる × 瓶に入れ、30秒ふる 疲れるのに、むけないニンニクもあり
水に浸す 水に1分ひたす 1片から手軽にできる!
電子レンジ 底面を切り落とし、500w 1分加熱 一度に大量にできる。臭いが軽減される

▲ニンニクの皮むき検証に戻る

 

 

 

番外編:皮の利用

 

今回たくさんの皮をむきました。

これ、何かに使えないかな~???
捨てずに上手に活用しましょう!

 

トマトの皮

トマトの皮には栄養がたっぷり!

オーブン100wで30分乾かします。

 

粗熱がとれたら粉砕!

サラダのトッピングに利用すると、
鮮やかでキレイです!

 

 

タマネギの皮

タマネギの皮は出汁にします!

皮を冷凍してストック。


使う時は、酢水で洗い、
一晩、水につけるだけ。

栄養満点のお出汁になるので、
みそ汁や炊飯に使ってくださいね!

 

そして、たまねぎの皮と言ったら、
玉ねぎの皮染め!!

≫ タマネギの皮染め第1弾
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=11581

≫ タマネギの皮染め第2弾
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=16753

≫ タマネギの皮染め第3弾
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18097

たくさん集めて、ハンカチや毛糸を
染めてみるのも良いかも♪

 

 


 

皮を剥いた野菜たちは、
おいしいディナーになりました!

パプリカとお肉の煮込み
ハンガリーの国民食グラーシュに。

ニンニクのアヒージョと、
トマトとパプリカのマリネも添えて。

時短できたので、
ちょっとおめかしディナーです!

 

皮をむいて、料理をおいしく♪
むいた皮も彩りに添えて♪

ぜひ皮むき方法、活用してみて下さい!

 

たかが皮むき。
されど、皮むき。

少しでも時短して、お料理=面倒くさい
という印象をなくしてもらえたら♪

これからも裏技ネタを集めま~す!

 

次回の食オタノートもお楽しみに!

 

 

 

 

 

©VACAVO inc.(株式会社ヴァカボ) 当サイト内の文章・画像等の内容の無断使用・無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

 

 

 

フードメッセンジャー:根本 早苗(ねもとさなえ)

野菜ソムリエ

野菜が主役の料理教室を主宰しています。 “野菜の栄養、冷凍テクニック、彩りある盛付けを学びたい” という方のための、少人数サロンです。 また、”つくりおき冷凍し、毎日野菜を摂取してほしい” という思いのもと、企業様、自治体様等にて 「つくりおき冷凍レシピ」セミナーも行っており、 食育の大切さ・食品ロス削減の観点での講演をしております。 企業様のレシピ開発・レストランコンサルタントの活動も始まりました!

料理・セミナー講師・レシピ開発

RANKING

1

生ウコンの食べ方&飲み方〜野菜オタク的ウコン…

1147

2

マグロ刺身を長持ちさせるには?!保存方法を実…

992

3

魚のアラは最強出汁!魚は丸ごと買ってだしを取…

979

4

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

917

5

もやしをお家で育ててみよう!

513

6

肉オタが選ぶ!いちばん簡単な筋切り&すじ取り…

307

7

野菜で絵の具を作ってみよう!

293

8

ブドウはどの部分が甘い粒?追熟する?糖度実験…

289

9

うがい薬で実験!ビタミンCが多い野菜を調べて…

277

10

【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみ…

269

11

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

267

12

野菜色素の不思議な力〜アントシアニン酸性アル…

249

13

鶏むね肉を柔らかくする方法!いろんな材料で漬…

241

14

カラフル人参大解剖!!生食だけじゃもったいな…

237

15

大根パワー実証実験!大根おろしは胃もたれに効…

230

16

野菜で紙を作ってみよう!

203

17

里芋はなぜネバネバする?ネバネバの正体とは

199

18

片栗粉を作ってジャガイモでんぷん量の比較実験…

192

19

赤い野菜をもっと鮮やかに!華やか料理への活用…

192

20

黒穂菌?謎の菌菜「マコモダケ」にせまる!収穫…

187

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング