PAGE TOP

NOTE

肉オタnote

肉オタクが本気で検証!肉のあれこれ

  1. 【夏休み自由研究】超簡単!10分で出来る!ペットボトルを振って「バター作り」

【夏休み自由研究】超簡単!10分で出来る!ペットボトルを振って「バター作り」

毎年頭を悩ませる自由研究!!

なるべく早く終わらせたい!
もうすぐ夏休みが終わっちゃう~(泣)

 

そんな方におすすめしたいのが
バター作りの研究!!

なんと、1日でできちゃうんです!!
(TVショッピング風?!)

 

実験からまとめまで1日でできて、
作ったバターを食べれる美味しい実験!

さぁ、挑戦してみましょう!!

 

 

 

バター作りの準備をしよう


バターは買うもの?
いえいえ、おうちでも作れちゃいます!

生クリームとペットボトルさえあれば
いつでも、どこでも手作り可能♪

 

自家製バターの作り方

作り方は超~簡単!!

 

空のペットボトルに生クリームを入れて
…振るだけ!!!!!

火も必要ありません!

シェイクシェイクシェイク~♪


子どもだけでも、親子でも楽しめる♪

ペットボトルを振っている間は
中の化学変化を体感できますよ~。

 

自分で作ったバタートーストは
最後のお楽しみタイーム!

 

自家製バターの準備

準備する材料

●生クリーム 47% 200ml
●ペットボトルまたは空き瓶
●塩 5g(お好みで)

成功のポイント

※生クリームは動物性で40%以上のものを選びましょう!乳脂肪分が高い物の方が成功します。

※ペットボトルは炭酸飲料が入っていた透明のものがオススメです。スムージーを作るシェイカーでもOK!水が入っていたペットボトルでは耐え切れませんのでご注意を!

※空き瓶はジャムなどを入れる口が大きいものを選んでください。作る量は空き瓶の容量の1/3程度の生クリームにしてください。

 

 

必要な器具

●ボウル
●ザル
●クッキングペーパー、または濾せる布
●氷水
●クッキングタイマー(あると便利)
●ゴムベラ(あると便利)

成功のポイント

※夏場は室内が高くなりがちなので、氷水を用意しておきましょう!

※クッキングタイマーがあると、実験経過タイムがきちんと把握できるので便利です。

 

 

自由研究の際に用意すると良いもの

●メモ帳、用紙
●筆記用具
●カメラ(携帯)


生クリームからバターになる過程は
およそ10分程度。

あっという間に終わってしまいます!

忘れないように、
変化の写真とメモは必須!

 

 

 

振って振ってバター作りに挑戦!

 

さっそくバター作りを始めましょう!

子どもと一緒に取り組んでみました!

 

手順①

乾いた空のペットボトルに
生クリームを全部入れますよ!

 

手順②

お好みで塩を入れます!
入れない場合は無塩バターになります。

じょうごを使うと便利!

こぼさずに入れることができる
お助けアイテム!

 

手順③

しっかりふたを閉めて、
力強くよく上下に振ります!!

シャカシャカシャカシャカ~

さぁ、がんばって!

 

 

【観察】化学変化をみていこう!

振りながら経過観察していきます。

 

30秒~1分

少しづつ中の液体が
重くなりはじめた!

ペットボトルはこんなに真っ白!!

 

 

2分~3分

液がトロトロしてきて、
マヨネーズのような状態に!

ますます重くて振りづらくなり
早くも力を消耗し始める…。

 

手でペットボトルを触っていると
すぐに温かくなってしまうので
時々冷水につけます~!

 

 

4分~5分

んんん??
ちゃんと振れてるのか?!

 

液体ではなくなり
ちゃんとできているのか謎な状態に!

フタを開けると…
生クリームができていた!

舐めても生クリームそのもの!

「振って作った方が、
生クリーム簡単にできるね~♪」
と子どもの意見。

新たな発見!!

 

6分~8分

「これで本当にバターできるの??」

さすがに疲れて椅子に座ってみる…。

 

頑張って振り続けると…
ガシャガシャしはじめた!

キターーーーーー!!

ペットボトルの中で
バター(個体)と乳液(液体)で
分かれてきた!

 

 

9~10分

さらに続けて振ると…。

黄色い大きな塊になって
乳液とバターが完全に分かれた!

 

「これバター??」

フタを開けて確認!

「バターできてるー!!すごーい!」

 

 

バターを取り出してみよう

ペットボトルをカッターナイフで切って
バターを取り出します! 
(ここは大人の方がお手伝いください)

ちゃんとできるかなー??

ドキドキ♪ワクワク♪


このままでは水分が多いので
しっかり濾して
バターと乳液に分けますよ!

 

この白い液体は、なぁに?

バターミルク、生乳、ホエー
などと呼ばれています!

栄養がたくさん含まれているので
捨てないで!

飲んだり、お料理に使ってくださいね!

私はホットケーキに混ぜて使いました♪

 

あっという間にバターの完成です!!!

 

200mlの生クリームから
110gのバターができましたよ!

脂肪分がおよそ半分
ということが分かりました!

 

 

作ったバターを食べてみよう!

できたてはホイップバター♪
食感はふわっふわ♪♪

マーガリンに近いんですが
味は濃厚なバターミルク!

間違いなくっ、
「おいしーい!!」

ガマンしきれず
すぐに食パンを焼いてぬりぬり~♪

 

お楽しみのバタートースト♪
黄金に輝いて見える!

 

「今まで食べたバターの中で一番おいしい!!」
と言わしめるほどの一品ができました!

 

 

解説
なぜバターになったの??

生クリームの中には、タンパク質、カルシウム、脂肪、ビタミンと色々な成分が含まれています。

脂肪(あぶら)と水は本来混ざらないのですが、乳脂肪は「脂肪球膜」という特殊な膜に覆われています。それが界面活性剤(=違う2つのものをなじませるはたらきのこと)として働き、水と脂肪が混ざっているのです。

しかしこの「脂肪球膜」は強く振ったり、混ぜたりする刺激に弱く、刺激を与え続けると壊れてしまいます。

「脂肪球膜」が壊れてしまうと脂肪は水と混ざることができないため、乳脂肪は脂肪同士で固まり、バターができるというワケです。

 

 
 

 

【番外編】いろいろなバター作り


簡単にバター作りができ大満足!

しかし!!食オタとしては
さらに挑戦したい気持ちがムクムク!!

 

牛乳も生クリームと同じ乳製品!

はたして牛乳でも
バターができるのか?!!

 

牛乳でもバターは作れるか実験!

生クリームを牛乳に変えて
振ってみますよ!

今回は瓶に入れて実験開始!!

 

振り続けること5分…。

変化なし!

 

疲れた時は、冷水につけながら…

 

さらに振り続けること15分…。
やっぱり液体のまま。

変化がないので
残念ですが諦めることに。

 

フタを開けて中を観察です!

「小さいツブツブができてる~」

 

おそらくツブツブは脂肪分と思われる。

けれど、市販の牛乳では
バターになりませんでした。

残念!!

 

後日調べたところ、
市販の牛乳はホモジナイズ(均一化)
という乳脂肪同士がくっつかない処理
をしているそうです!

 

酪農場の、処理をしていない
(ノンホモジナイズ)牛乳なら
バターができるとのこと!

夏休みに行く機会があれば
酪農牛乳を手に入れて、
実験するのもいいですね!

 

 

いろいろなバターを楽しもう!

普通のバターに飽きたら…
味に変化を付けてお好みの味に!

 

定番!ガーリックバター

塩入りの手作り有塩バターに
すり下ろして炒めたガーリックと
パセリを混ぜ合わせました!!

 

 

ハニーバター

無塩バターに
ハチミツを混ぜ合わせただけ♪

でもとってもおいしい~!

自分好みの甘さにできるのがいい!

 

 

キャラメルナッツバター

無塩バターにキャラメルシロップと
ローストしたクルミを合わせてみた!

カフェのような
おしゃれな感じで食べれます!

 

チョコレートソースを使えば
チョコレートバターにもなりますよ~。

 

 

まとめ


バター作りは難しいイメージでしたが
想像以上に簡単にできて驚きました!

 

振っている間は腕が疲れ、
途中、振れなくなる瞬間があり、
本当にできているのか不安に…。

でも!振り続ければ
必ずできる!!

身近な食材で、
わずか10分で出来るのは嬉しい!

何より手作りはとってもおいしいー!

 

パンがあっという間になくなります!

わが子は朝食が
楽しみで仕方がない様子でした♪

 


 

今回はわが子と夏休みの自由研究
「バターづくり」に挑戦しました!

実験をして学びながら
美味しい食育にもつながるので、
ぜひみなさんもやってみてくださいね!

 

普段は野菜オタクのわたし。

今回は、肉にジャンルされるのか(笑)
「食」は楽しいですね♪

次回の食オタもお楽しみにー♪

 

 

 

 

©VACAVO inc.(株式会社ヴァカボ) 当サイト内の文章・画像等の内容の無断使用・無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

 

フードメッセンジャー:加野 有美(かのゆみ)

調理師

”食”を通じて、おいしく・楽しく・健康に!する食育料理家

野菜を使用した健康で美味しい料理のレシピ提案や、調理を特に得意としています!大学卒業後から現在まで、食に携わる仕事を経験しており、飲食業界での販売や接客、執筆ももお任せください。 調理に関してはパン、製菓、珈琲など幅広く応可能です。 料理教室を主宰し、食育を通して子どもから大人まで、より多くの方が人生をイキイキと豊かな食生活が送れるよう活動しております。自身がアレルギー、妊娠糖尿病を患った経験から、野菜や薬膳の観点から「食」を通じた健康的な提案ができます。

RANKING

1

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

75085

2

うがい薬で実験!ビタミンCが多い野菜を調べて…

65977

3

【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみ…

58304

4

野菜で絵の具を作ってみよう!

19905

5

生ウコンの食べ方&飲み方〜野菜オタク的ウコン…

18363

6

【夏休み自由研究課題2018】テーマ一覧~野…

18024

7

マグロ刺身を長持ちさせるには?!保存方法を実…

17756

8

野菜で紙を作ってみよう!

15990

9

もやしをお家で育ててみよう!

15696

10

2019年夏休み自由研究!かんたん実験&ネタ…

14397

11

人気の野菜染め〜第2弾!もっと簡単に染める方…

12611

12

ブドウはどの部分が甘い粒?追熟する?糖度実験…

12571

13

野菜色素の不思議な力〜アントシアニン酸性アル…

10179

14

魚のアラは最強出汁!魚は丸ごと買ってだしを取…

10077

15

片栗粉を作ってジャガイモでんぷん量の比較実験…

8930

16

ようこそ発酵の世界へ~自家製納豆づくりに挑戦…

7582

17

黒穂菌?謎の菌菜「マコモダケ」にせまる!収穫…

6829

18

鶏むね肉を柔らかくする方法!いろんな材料で漬…

6624

19

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

5990

20

断面フェチが挑戦!「押し野菜」「押しフルーツ…

5971

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング