PAGE TOP

NOTE

ヤサオタnote

野菜オタクが本気で検証!野菜のあれこれ

  1. 【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみよう!

【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみよう!

自由研究といえば…、理科の実験!!

家庭でも簡単にできて、
材料が準備しやすいのが理想的!

 

そこで今回は、身近な野菜から
DNA(細胞)を取り出す実験♪

そもそもDNAや細胞なんて
そんな簡単に抽出できるのか?!

まさしく科学者や実験室で行う話だと
思いますよね??

 

しかし!これが、簡単!!
一日あればできちゃうのです!!

さぁ、レッツトライ!

 

 

 

実験をはじめる前に

DNAってなに?

そもそもDNAってなんぞや…?

簡単に説明すると、
その生態を作っている
設計図のようなもの。

もちろん、私たち人間にも
DNAがあります!

 

そこで。
身近にある植物や野菜にも、
本当にDNAが存在しているのか??

自分の目で確かめるため、
実験してみましょう!!


 

実験の流れ


今回は、5種類の野菜を使用して
比較してみることに!

 

抽出液や無水エタノールを使って
こんな風にDNAを取り出します!!

実験方法

① DNAを取り出しやすくするために野菜を細かくすり潰し、そこに抽出液(取り出すための液)を加える

   ↓

② 野菜のDNAを浮かび上がらせるため、無水エタノールを加える

   ↓

③ 浮かび上がったDNAを観察・比較する

文字だけだと難しく見えますが
実験自体はあっという間!

 

さっそく、実験の道具を
そろえていきましょう。

 

 

用意するもの

用意するのは家庭にあるものばかり。

 

器具類

●透明プラカップ(ガラスでもOK)
●スポイト
●すり鉢
●すりこ木
●おろし金
●お茶パック(ろ過する用のもの)
●はかり
●計量スプーン
●計量カップ
●ナイフ
●まな板
●セロハンテープ
●わりばし
●虫眼鏡(なくても良い)

実験材料

●実験したい野菜(好きなものでOK)

●無水エタノール(冷やしておくと◎)

〈抽出液の材料〉
●台所用合成洗剤
●食塩
●水

※無水エタノールは、ドラッグストアーで売っています。

 

キッチンにあるものでまかなえます!
なければ100均で揃うものばかり。

透明カップ・スポイト・無水エタノール
この3つを購入するだけで済みました!

 

 

DNA実験してみよう!

 

今回、DNAを取り出してみるのは
この5つ!!

実験する野菜・果物

● ブロッコリー

● 玉ねぎ

● トマト

● キュウリ

● バナナ

お好みの身近にある食材で
揃えてみてください!

 

それでは実験してみます!!!

 

①DNA抽出液を作る

まずは「抽出液」作り!!

野菜のDNAを抽出するには、
「抽出液」が必須アイテム。

 

抽出液は、3つの材料を混ぜるだけ。
簡単にできちゃいますっ!

〈抽出液の材料〉

●台所用合成洗剤
●食塩
●水

 

抽出液の作り方

・洗剤小さじ1
・食塩小さじ1(5g)
・水100ml を用意。

3つをカップに入れて
よく混ぜます!

塩が残らないように
まぜまぜ~まぜまぜ~♪

 

【注意】
洗剤が入ってるので、
小さいお子さんが飲んだりしないように
気を付けてくださいね!!

 

 

②野菜をすりつぶす

それぞれの野菜を約20gほど用意し
すりつぶします!

 

ブロッコリー

DNAは花芽にたくさん!
花芽部分を使います!

包丁で細かく刻んで~
トントントントン…♪

フードプロセッサーでも大丈夫です!!

 

すり鉢ですりつぶします~。

なかなか根気がいる~~~!

 

玉ねぎ

おろし金でおろすのが
簡単にできてベスト!!

 

トマト

皮は除き、細かく刻んでから
すり鉢ですりました!

 

キュウリ

おろし金でおろします。

粒が残っていたら
すり鉢ですりつぶしてくださいね~!

 

バナナ

ビニール袋に入れてから手でつぶします!

これまでの野菜に比べて
バナナは手でつぶすだけ!

 

モミモミ~♪

あっという間に完成!
とっても簡単です♪

 

 

③DNAを取り出す(抽出する)

 

抽出液を入れる

②で作ったすり潰した野菜に
①の抽出液大さじ2杯(30㏄)を
静かに注ぎ入れます~!!

DNAを壊さないように…
そーっとね。


   ▼

攪拌(1度だけ混ぜる)

一度だけ割りばしで攪拌します。

グルグルしたい気持ちをグッとこらえて…!
ここで何度もかき混ぜ厳禁!!

   ▼

静かに放置

10分~15分ほど放置。

   ▼

濾過(ろか)の準備

放置時間、退屈してる暇はありません!

濾過の準備をします。

お茶パックを、透明カップに
セロハンテープで貼り付けて…

今回用意したカップが大きかったので
(通常サイズの飲料カップ)
無理やりお茶パックを切っちゃった。

小さめカップの方が実験には便利
ということが判明。

でも、濾過には問題ありませんよ!!

 

   ▼

濾過カップに注ぎ入れる

そんなこんなで、10分後!

時間を置いた抽出液を、やさしく~
用意した濾過カップに注ぎ入れます。

ここでも優しく、そーっとね。



ポトポトポト…。

野菜色の抽出液ができましたー!!

 

 

④DNAを沈殿させる

無水エタノールを準備します!

※冷えてるエタノールの方が
実験が成功しますよー!

 

このスポイトは小さく使いづらかった!
30cc入る大きめのスポイトや、
注射器のようなものがおススメです↓

 

さきほど濾過した野菜の抽出液に
無水エタノールを加えます。

無水エタノール 大さじ2杯(30cc)

無水エタノール量は
だいたい抽出液の2倍量が目安。

 

注ぐ際は、カップのフチに伝わらせて
スポイトで静かに入れること!

 

スポイトがない場合は、
箸やスプーンでフチに添わせるように
やさしく注いでくださいね!

 

ここでもかき混ぜたり
乱暴にエタノールを入れるのは厳禁!!

DNAはとってももろい!

切れて壊れてしまったら
実験が失敗に…。

 

もし実験結果がうまくいかなかった時は
下記を見直してみてくださいね!

・どこかで攪拌しすぎていない??

・乱暴に扱っていなかった??

 

 

 

DNAを取り出してみた!

 

DNAを取り出せるのか?!

それぞれの野菜のDNA実験を
見ていきましょうー!!

 

ブロッコリー

エタノールを入れた数秒後から
白い泡が出てきました!

1分も経過すると…
上の層と下の層が違うのがわかります!

 

白いモヤモヤキターー!
これがDNAですー!

 

実験結果 ○

白いモヤモヤしたした気泡がたくさん出てきた。うっすらと糸状のDNAが浮いてきた。

 

 

玉ねぎ

玉ねぎは抽出液自体が
透明なのでわかりづらいですが…。

上層がうっすら白っぽくなり始めた!

 

数分経過…。

上から見ると、泡の塊のような感じで
DNAが出現!!

実験結果 △

気泡が浮いてきて、糸状ではなくモヤモヤした白いものが浮いてきた。

 

 

トマト

フツフツと
下層から泡が出始めました!!

上から見ると、こんな感じ↓

気泡の塊状のものは
たくさん出てきましたが
糸状のDNAは見られません!

実験結果 △

気泡が出てきたが、糸状のDNAは見られなかった。

 

 

キュウリ

エタノールを入れたものの
変化もなし。

上から見ても、
やはり何の反応もありません。

実験結果 ×

気泡さえも浮いてこなかった。澄んだ液体のままだった。

 

 

バナナ

エタノールを加えて
30秒~数分待つと…

すぐに、プツプツした気泡が!

 

下の層から、ムクムク…!

出てきましたー!!!

 

透明なエタノールに、下から
白っぽい物質が浮き上がってきます!

 

この白いモヤモヤした糸状のものが
DNAです!

長ーく繋がっていますね!

実験結果 ◎

糸状のDNAが浮かび上がってきた。中に気泡があるのも確認できた。

 

 

DNAを取り出して観察

DNAを浮き上がらせることに成功!
これだけでも充分ですが…

次のステップ!

 

せっかくなのでDNAを
この手で触ってみたいっ!

箸で巻きつけたら
DNAを取り出せるかな?



ホントに取れるのか?!
よし、やってみよう!

切れないように
そーっとそーっと…

 

引き出しに成功!!


虫眼鏡でも観察。

フムフム。
細かい気泡がたくさんあるのが分かります!

 

顕微鏡の世界では
本来はらせん構造のDNA。

DNAは本当に長細かった!!

 

たくさん触ると、もろいため
すぐに切れてしまいます(>_<)

 

手に取ってみると…

フワフワしていて泡のようですが
ドロっと粘度もありました!

 

上手い表現が見当たりませんが
綿菓子の粘度のあるバージョンみたいな。

新触感です!

 

DNAを
手に乗せることができるなんて
スゴイ!!

 

 

実験結果まとめ

 

野菜果物には、
本当にDNAが含まれていることが、
実験により判りました!

 

ただし野菜や果物の種類によって、
DNAが良くとれるもの、
取りにくいものがあることも判明!

 

DNA実験結果

他の野菜や果物の
同じように実験した結果がコチラ↓

DNAが取り出しやすかったランキング

1位 バナナ

2位 ブロッコリー

3位 トマト・玉ねぎ

4位 キュウリ

DNA抽出は、ブロッコリーで
実験する人が多いみたいですが、
バナナも良いー!!

潰す作業も簡単で、
実験もあっという間!!

ブロッコリーよりも
DNAが取り出しやすいです!

 

 

実験をもっと詳しく知りたい人・大人向けの解説

 

「抽出液」って何?

塩と洗剤の役割

DNAはそのままでは
取り出すことができません。

そこで 抽出液 を作る必要があります。
DNA取り出すための液体です!

DNAを取り出すためには
細胞の膜を壊す必要があります。

 

【洗剤】
染色体を分離してくれ、核の膜を壊してくれます。

【食塩】
DNAを集まりやすくする働きがあります。

 

洗剤と食塩の作用によって
細胞膜の構造を破壊させて集める。

そうしてはじめて
DNAを外に出すことができるのです。

※食塩は、塩化ナトリウム以外の成分がないものがおススメです。

※洗剤は、DNA構造を壊さないようにするため、たくさんの物質が添加されていない、自然の食器用洗剤がオススメです。

 

 

エタノールが必要な理由とは?

なぜ無水エタノールを加えるの?

DNAは水に溶ける性質を持っています。

エタノールはアルコールのため
溶けにくいという性質を持っています。

 

エタノールをそっと注ぐと
抽出液と2層になります。

 

抽出液に溶けていたDNAは、エタノールに触れると溶けることができず、また比重が軽いために上層に浮き出てくるのです。

 

 


 

DNAはすべての生物に入っている
遺伝子の記録情報。

その生態をカタチ創る設計図です。

 

人間だけでなく、身近な野菜や果物にも
それぞれにDNAが本当に入っている
ということががよくわかりました!

 

普段、肉眼では見えない細胞を
こうして簡単な実験で取り出せたのは
驚きと感動!!



是非みさなさんも
好きな植物や身近にある食材で
実験を楽しんで観察してくださいね!

 

次回の食オタノートもお楽しみにー!!

 

フードメッセンジャー:加野 有美(かのゆみ)

調理師

”食”を通じて、おいしく・楽しく・健康に!する食育料理家

野菜を使用した健康で美味しい料理のレシピ提案や、調理を特に得意としています!大学卒業後から現在まで、食に携わる仕事を経験しており、飲食業界での販売や接客、執筆ももお任せください。 調理に関してはパン、製菓、珈琲など幅広く応可能です。 料理教室を主宰し、食育を通して子どもから大人まで、より多くの方が人生をイキイキと豊かな食生活が送れるよう活動しております。自身がアレルギー、妊娠糖尿病を患った経験から、野菜や薬膳の観点から「食」を通じた健康的な提案ができます。

RANKING

1

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

43972

2

生ウコンの食べ方&飲み方〜野菜オタク的ウコン…

14917

3

うがい薬で実験!ビタミンCが多い野菜を調べて…

11751

4

野菜で絵の具を作ってみよう!

11053

5

マグロ刺身を長持ちさせるには?!保存方法を実…

9420

6

野菜で紙を作ってみよう!

8700

7

もやしをお家で育ててみよう!

8616

8

人気の野菜染め〜第2弾!もっと簡単に染める方…

7505

9

【自由研究テーマ一覧】夏休みは野菜実験!

7032

10

黒穂菌?謎の菌菜「マコモダケ」にせまる!収穫…

5967

11

野菜色素の不思議な力〜アントシアニン酸性アル…

5379

12

魚のアラは最強出汁!魚は丸ごと買ってだしを取…

5093

13

カラフル人参大解剖!!生食だけじゃもったいな…

4294

14

片栗粉を作ってジャガイモでんぷん量の比較実験…

4047

15

鶏むね肉を柔らかくする方法!いろんな材料で漬…

3942

16

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

3616

17

断面フェチが挑戦!「押し野菜」「押しフルーツ…

3595

18

【夏休み自由研究課題】テーマ一覧~今年は野菜…

3590

19

大根パワー実証実験!大根おろしは胃もたれに効…

3262

20

インスタ映えする“野菜寿司”を作りましょう!…

3246

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング