PAGE TOP

NOTE

ヤサオタnote

野菜オタクが本気で検証!野菜のあれこれ

  1. 【夏休み自由研究】野菜の捨てちゃう部分で「宝石せっけん」をつくろう!

【夏休み自由研究】野菜の捨てちゃう部分で「宝石せっけん」をつくろう!

前回の「野菜せっけん」の記事は
読んでいただけましたか?
  ↓↓↓
「野菜石けんをつくろう!」
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18101

 

またまた、やっちゃいますよ♪

野菜の捨てちゃうところで
石鹸をつくろう!第2弾!!

今回は、石けんの中でもキラキラかわいい
「宝石せっけん」を作ってみます♪

 

 

「宝石石けん」づくりの準備

 

宝石せっけんとは??

「宝石せっけん」って
聞いたことありますか?

SNS映えすると、女性や子供にも大人気!

まるで宝石のような石鹸☆
コレです↓↓


きれいでしょ~♪♪

これ?せっけん???
って声が聞こえてきそう!

もっちろん、ちゃんと泡立ちますよ~!


しかも、嬉しいことに!

前回、取り扱いが大変だった
「苛性ソーダ」を使わずに
できちゃう石鹸なのです!

溶かして固めるだけのMPソープ
という種類のせっけん。

せっけん分類

●MPソープ
Melt(溶かす)Pour(注ぐ)の略。溶かして型に注ぎ、冷やし固めてつくる石鹸。

●CPソープ
Cold Plocess(コールドプロセス)製法でつくる石鹸。油脂、水、苛性ソーダでつくる石鹸。

これなら、作るの簡単なので
子どもの自由研究にも
自信をもってオススメできます!!

 

材料を集めよう!

(1)グリセリンソープ

宝石石けんのベースとなるのがコレ!
グリセリンソープ♪


成分は、グリセリン、水、オイル類
ソルビトール、オレイン酸グリセル。

こういった固形の状態で
売られています。


透明感を楽しみたいなら
クリアがオススメです!

お店ではあまり見かけないので
ネットで購入してみてください。

「グリセリンソープ」や「MPソープ」
で調べると見つかりますよ!

 

(2)着色料や香料

グリセリンソープは透明で無臭。

宝石らしくつくるには、色付けを!

石けん用の着色料もあるけど
食用着色料や絵の具でもOK!

香りはお好みで!

以上!!
少ない!うれし~~!

 

道具を揃えよう!

揃える道具も少ないです♪

使う道具

・包丁またはカッター
・耐熱容器
・流し込む型(シリコンでできている型や、プラカップなど)
・割りばしや竹串など

 

危険なものは少ないですが、料理用のものとは別に用意してくださいね。

 

 

 

「宝石石けん」をつくってみよう!

 

では実際に、キラキラの「宝石石けん」
作ってみたいと思います!

1、グリセリンソープを溶かす

グリセリンソープを包丁やカッターで
小さく切って湯煎します!

電子レンジで溶かしてもOK。


こういうのは、めんどくさがっては
いけませんね…(反省)

大きいまま溶かしたので
なかなか溶けず…。



このくらいにカットして溶かすべし。↓


湯煎は、沸騰したお湯につけて
ゆっくり溶かします。

電子レンジの場合は、量にもよるけど
500wで20秒から様子をチェック。

溶けきっていない場合は、
500w10秒ずつ追加して~。

 

このとき、形が残っている部分を
溶けているところに沈めると
むらなく溶けてくれました!

 

完全に溶けました~!

加熱しすぎると、泡立ってしまうので
要注意です!!



 

2.色や香りを付ける

溶かしたグリセリンソープに
色や香りをつけていきます!


入れる着色料の量は、多くても、
「グリセリンソープの1/4くらい」
がいいかも!

着色料の濃度によりますけどね~。

それ以上の量を入れると
ゆるゆるの石けんになっちゃいました。

 

 

3.型に流し込んでいく

色付けが完了したら
ソープが固まらないうちに
型に流し込んでいきます!

今回は、
薄い黄色・濃い黄色・透明の3色用意♪

 

まずは透明から型へ↓

しばらくすると、
表面が固まって薄い膜が!!

こんな感じ↓

割りばしや、竹串でツンツン!

膜が確認出来たら、
次の層のソープを注いでいきます!

薄い黄色を、そぉーーーっと。


平らに層になるように
重ねていってもキレイ♪

 

でも、宝石っぽく仕上げるには、
この方法がいいかも!!

型を傾けて、わざと斜めに層に~♪

濃い黄色は斜めにしました!

どんな感じになるかな~♪

 

薄い黄色、濃い黄色、透明の3色でも
こんな感じにできあがりました!

常温でも、30~40分くらいで
中までしっかり固まります。

急ぐときは、氷水につけたり冷蔵庫へ。


ちょっと幻想的~♪

 

 

4.宝石の形に成型

固まったら、型からだします!

こうすると隙間に空気が入って
外しやすくなりましたよ~!

プラスチックのカップを
周りから握るようにギュッと。

 

最後に削って成型するので
少しくらいなら周りが欠けても大丈夫!

逆さにして、底を叩くと
ストンっと出てきました!!


おおおお!!キレイ!!

琥珀みたーーーーい!!

 

包丁やカッターで斜めに削って
宝石のような形に、成型していきます。


思いきりが大切かも!

大胆に切るほうが、
宝石らしく出来ますね!

 

小さな宝石せっけん3つ完成!


本当に宝石みたいでしょ??

 

宝石せっけん、見た目も可愛いし、
作り方もとっても簡単だーー!!

これなら石鹸づくり初心者さんでも
お子さんでも簡単に作れちゃいそう!!

 

 

野菜色の「宝石石けん」に挑戦!

 

さてさて、ここからが
食オタらしさの見せどころ♪

着色料を野菜エキスに変えて
宝石石けんをつくります!!

 

今回は、前回よりも
種類を増やしてみましたよ~!

使用する野菜
ヘタ周辺を使用

・赤パプリカ
・黄色パプリカ
・ピーマン
・オレンジピーマン
・トマト

皮を使用

・人参
・ビーツ
・かぶ

葉や外葉を使用

・かぶ
・ブロッコリー
・紫キャベツ
・ほうれん草

皮や、葉っぱなど捨てちゃうところを
活用していきます♪

 

 

1.野菜エキスを抽出

ミキサーやおろし金ですりおろし
野菜エキスを抽出していきます!


パプリカ・ピーマン・トマトは
おろし金で簡単にすりおろし完成!!

これなら子供でもやりやすいかな?

 

葉や皮を使った野菜は、繊維があるので
少し水を加えてミキサーを使います!


ミキサーは、
大人の方が担当してくださいね。

 

今回は12色!!
揃えてみましたーーーー!!
美しいーーー!!!

どれが何の野菜色だか
わかりますかー?

前回と同じものが8つ。
新しくチャレンジしてみたのが4つ!

 

さ~て、答え合わせです♪

同じ緑色でも
すこーしずつ違うんですよね♪

野菜オタクとしては、たまらないっっ!

 

 

2.野菜エキスで着色

野菜エキスを小さじ1を
それぞれ計りまーす

溶かしたグリセリンソープを20㏄
注いでいきます。


あれ??不思議~♪
グリセリンソープを入れると色が変わる!

 

透明感がでて、どの野菜色もキレイ!!

 

1番変化があったのは、紫キャベツ!

グリセリンソープが入ると、
紫色が青色に変わりました!


これは、紫キャベツのアントシアニンが
アルカリ性になったから。

アントシアニンは、アルカリ性で青色に
酸性で赤色に変化する色素なのです!

 

3.型に注ぐ

最初の作り方で紹介したように
層になるように重ねてもOK。

 

今回は、野菜ごとに固めて
キューブ状にしてみました!

 

好きな野菜をカップに
詰め込みま~す♪


これワクワクします!
お子様と一緒にやるなら、
この方が楽しいかな!?

 

ここに透明のグリセリンソープ
を注ぎこみまーす♪

野菜キューブも少し溶けて
グラデーションになってキレイ!!

 

 

4、型から出して、成型

固まったら型から出します!

フルーツゼリーみたいで
美味しそう!?

食べちゃダメですからね~(笑)



プラスチックカップで作ると
底の部分に窪みができちゃうので
まずそこを切り落とします!

わっ!ここも可愛い!!

 

野菜キューブでつくる石けんだったら
丸い形のままでもかわいいかも♪

宝石というより
フルーツゼリー石っけん??

斜めに削ってあげると
宝石らしくなりますね♪


ベースが透明なので
光に当たるとこれまたキレイ!

 

アレンジいろいろ♪

こうなると、
いろいろやってみたくなっちゃう♪

ベースが透明なのもキレイだけど、
色を付けたソープを注いでみると
どんな感じになるのかな~??

おっ!

また違った色合いの
宝石石けんができました!


より宝石らしいかも。

 

グリセリンソープは、
なかにハーブやデザインペーパーなどを
いれることもできちゃいます!

ならば!私は、これを入れちゃう!!

押しフルーツ!!


ミントの香りをつけて
レモンミントせっけん!!

 

色を付けて層にできるの良さを
活かして…アイスバーせっけん!


子供のころ大好きだったスイカバー
作ってみました!

押しフルーツを入れた「キウイバー」!
これまた美味しそう☆

楽しい~♪

宝石せっけんは、
想像力で無限に楽しめそうですね!!

 

 

まとめ

用意するもの

・グリセリンソープ(MPソープ)
・着色料(今回は野菜エキス)
包丁またはカッター
・耐熱容器
・流し込む型(シリコンでできている型や、プラカップなど)
・割りばしや竹串など

今回使用した野菜

・赤パプリカ
・黄色パプリカ
・ピーマン
・オレンジピーマン
・トマト
・人参
・かぶ
・かぶの葉
・ブロッコリー
・紫キャベツ
・ほうれん草

 

野菜は、捨てちゃうところを
上手に活用してくださいね!

 

型へ流し込んだり、成型したり♪

自由な発想で楽しむと
予想以上のものができて楽しいです♪

 

子どもはもっと自由な発想で、
すごい宝石せっけんが誕生するかも!?

 


 

今回は野菜の色素を使って
宝石せっけん作りに挑戦してみました。

天然の色って本当に美しいもの。

 

野菜の皮やヘタのところを集めて
野菜の宝石せっけんづくりに
チャレンジしてみてください!

 

子供も大人も楽しめちゃいます♪

 

しかし、削りカスすらも美しい~!

 

宝石石けんがあったら
手を洗うのが楽しみになりますね♪

 

次回の食オタノートもお楽しみに!!

 

 

 

 

 

©VACAVO inc.(株式会社ヴァカボ) 当サイト内の文章・画像等の内容の無断使用・無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

 

 

フードメッセンジャー:豊岡 加奈子(とよおか かなこ)

調理師

野菜と人をつなぎ、身体も心も整える野菜ソムリエ・重ね煮料理家です!

野菜を中心とした料理や、身体と心を整える「重ね煮」料理の料理教室を開催しています。野菜がたくさん摂れるメニュー、日々の調理が時短になる料理法、つくりおきをお伝えしています。 大学で農業を専攻していたこともあり、現在も生産地を訪れ農作業を体験し、野菜・果物が命であることを感じれるようにしています。産地レポートや野菜・果物の情報発信、店頭でのPRも得意です。 作り手の想い、野菜・果物の魅力を伝えることで、食べる人、作る人どちらも、心が豊かになるよう心がけています。

RANKING

1

生ウコンの食べ方&飲み方〜野菜オタク的ウコン…

1147

2

マグロ刺身を長持ちさせるには?!保存方法を実…

995

3

魚のアラは最強出汁!魚は丸ごと買ってだしを取…

980

4

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

918

5

もやしをお家で育ててみよう!

513

6

肉オタが選ぶ!いちばん簡単な筋切り&すじ取り…

307

7

野菜で絵の具を作ってみよう!

293

8

ブドウはどの部分が甘い粒?追熟する?糖度実験…

289

9

うがい薬で実験!ビタミンCが多い野菜を調べて…

278

10

【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみ…

270

11

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

269

12

野菜色素の不思議な力〜アントシアニン酸性アル…

249

13

鶏むね肉を柔らかくする方法!いろんな材料で漬…

241

14

カラフル人参大解剖!!生食だけじゃもったいな…

237

15

大根パワー実証実験!大根おろしは胃もたれに効…

230

16

野菜で紙を作ってみよう!

204

17

里芋はなぜネバネバする?ネバネバの正体とは

200

18

片栗粉を作ってジャガイモでんぷん量の比較実験…

192

19

赤い野菜をもっと鮮やかに!華やか料理への活用…

192

20

黒穂菌?謎の菌菜「マコモダケ」にせまる!収穫…

188

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング