PAGE TOP

NOTE

ヤサオタnote

野菜オタクが本気で検証!野菜のあれこれ

  1. レタス保存方法を追求!芯に爪楊枝をさすと鮮度が保てるってホント?

レタス保存方法を追求!芯に爪楊枝をさすと鮮度が保てるってホント?

白菜の芯に爪楊枝を刺すと長持ちする

って、聞いたことないですか?

 

どうして長持ちするの…?
レタスに応用できないのかな…?

やってみたーーーい!!

 

とういうことで今回は…

「レタスの芯に爪楊枝を刺すと、
長持ちするのか?」

これを実証実験しちゃいます!

 

 

 

レタスの保存方法を調査

目次に戻る

「レタス保存」については、
前に一度検証済み。

 

レタスは芯に小麦粉をつけると長持ちする

このおばあちゃんの知恵袋を
実証できました!!

 

≫詳しくはこちらの記事
https://media.365market.jp/post_detail.php?post_no=18126

 

でもこの実験をまとめてるとき
ふと、思い出したんです…。

 

白菜の芯に、
爪楊枝をさして長持ちさせる方法!

 

こんな風に~↓

 

これ、レタスでもできないかな???

 

 

爪楊枝で長持ちするのはナゼ?

「白菜の芯に爪楊枝をさす」

そもそもなぜ、
これだけで長持ちするんでしょう?

 

農大出身の食オタらしく、
その理由を勉強してみます!

 

鮮度を保つ秘訣おさらい

前回のレタス保存実験で
判ったことをおさらいします!

鮮度を保つには「芯」の乾燥を防ぐのが、ポイント!

そうそう。

芯を乾燥させないことが大事
でしたよね~!

 

でも爪楊枝では、芯の乾燥を
防げているようではないし…。

どういう原理なんでしょう??

 

 

野菜にとっての「芯」とは?

「芯」がある野菜と言えば、
白菜、キャベツ、レタス。

 

私たちが「芯」と呼んでいる部分は、
植物にとっては「茎」なんです!

 

前回も登場した小学生みたいな絵(笑)

芯は、根から吸った
養分と水分を、葉に送っています。

 

 

「生長点」って何?

さらに、芯と葉の際のところは
「生長点」でもあるんです。

 

生長点はココ!
芯に、葉がついているところ。↓

生長点では、細胞分裂を繰り返して
葉を作っていきます。

 

野菜は、収穫された後も、
成長を続けているんですよね~!

 

爪楊枝を刺すことで
この生長点を壊しちゃいます!!

なので生長が止まります。

ちょっと可哀そう??

でも、水分や養分を吸えないのに
生長するのは、野菜にとっては
すっごいストレスなんです!!

 

爪楊枝をさすことで生長点を壊し、
無駄にエネルギーを使わせない!

だから鮮度が保たれる
って原理なんですね~!!

 

芯に爪楊枝を刺すと長持ちする理由

芯にある生長点に爪楊枝を刺すことで、生長が止まるから

 

白菜もキャベツも、そしてレタスも
芯のところに生長点があります。

 

とうことは!!

レタスも芯に爪楊枝を刺したら
本当に長持ちするかも?!

 

 

 

レタス保存実験1

芯に爪楊枝で長持ちするのはホント?

目次に戻る

葉物野菜の中でも
日持ちがしにくいレタス。

これは、やってみるっきゃない♪

 

実験準備

レタス買ってきました!
小玉だけど、鮮度のいいやつ!

 

比較するのは…

●芯に何も刺さない

●芯に爪楊枝を刺す

どちらも前回と同様
「ペーパーに包んでポリ袋へ入れる」
この方法で検証してみます!

 

さて、爪楊枝を
芯に刺していきます。

 

刺さるところまで
ぐぐぐ~っ、とね。

これくらいまで刺さりました!

できた~!!

 

でも待って(汗)

こんな状態では保存しにくい!

 

爪楊枝の根元から、
ハサミで切ってみましょう。

 

ハサミで切れ目を入れて
手で折るようにすると、
安全だし簡単ですねー!

準備完了!
とーっても簡単♪

 

うーん。

本当にこれだけで長持ちするのか…??

 

 

経過観察

さてさて、どうなるのか
見ていきましょう!

 

7日後

まだ、そんなに変化はないかな?

 

芯の切り口を比較してみます。

爪楊枝を挿したレタスの方が
変色が少ない気がしません?

 

 

14日後

少し差が出てきました!

写真だと判りにくいですが
葉っぱのシャキッと感が違います!!

「そのまま」の方は
葉がペターっとしてきています。

 

爪楊枝の方は、見て~♪
シャキシャキ♪ピンピン!

 

 

1か月後

本来ならもっと早く食べてあげるべき…
ですが、実験のため1カ月保存。

 

全体的なシャキッと感が
ぜんぜん違ってきました!

そのままレタスは全体的にしんなり。
ボリューム感がない…。

 

爪楊枝レタスは
外側から触ると弾力がある!!

葉っぱの端まで
ピンピンなのです!

 

中の葉はどうなっているかな?

半分に切ってみましょう。

 

わわ!!こりゃすごい!

全然違います!

これ、同じ1か月保存後ですよ!!

 

爪楊枝を刺すだけで
こんなに鮮度の違いが出るなんて!!

ビックリの結果です!

 

結果

「芯に爪楊枝を刺すと長持ちする」は本当!この方法はレタスでも有効!

 

 

 

レタス保存実験2

爪楊枝以外で生長点を止めてみよう

目次に戻る

芯の生長点を止めると、
こんなに長持ちするなんて!

 

でも生長点を壊すのは、
爪楊枝以外でもできそうじゃない?

 

この2つもやってみましょう!

検証してみるもの

●包丁で刺す

●芯をくり抜く

比較のため、
・何も処理しないレタス
・爪楊枝を刺すレタス
も見比べていきたいと思います!

 

 

実験準備

 

包丁で刺す

芯に包丁を刺して
生長点を止めてみました!

ザクっ!ザクっ!


生長点は葉の付け根のあたり。
なので、深めに刺していきます。

 

こんな感じに
数か所、刺してみました!

 

 

芯をくり抜く

「芯をくり抜く」
キャベツだと、よく聞く方法~!

 

これも生長点が壊されるので
生長が止まるはず!

 

乾燥を防ぐために、
濡らしたぺーパーを詰めていきます。

 

4つともペーパーに包んでポリ袋へ。
5℃で冷蔵保存しました!

 

 

経過観察

どんな差がでているのかな~。
見ていきましょ~!

 

●包丁で刺したレタス
●芯をくり抜いたレタス

爪楊枝と同じように
長持ち効果はあるのでしょうか?

 

1週間後

早くも変化が出てきました!

 

●包丁で刺したレタス

切り口は少し変色してますが
葉は、みずみずしい!

まだまだイケそう!

 

●芯をくり抜いたレタス

気になるのは、
芯をくり抜いたレタスさん…。

赤く変色してしまって、心配だなぁ。

葉も少し萎びてきてる…。

 

何も処理していないレタスよりも
鮮度が落ちてしまったようです。

ハッキリと差が出るまで
まだまだ観察してきましょう!

 

 

2週間後

ありゃりゃ…。
変化がでてきましたね。

 

●包丁で刺したレタス

1番外側の葉が
茶色くなってきてる~。

 

爪楊枝レタスを比べてみると…
ぜんぜん違いますね!

全体的な弾力は変わらないけど
爪楊枝を刺したレタスは
1番外側の葉のみずみずしいっ!

 

●芯をくり抜いたレタス

芯だけじゃなく中の方の葉も
変色が始まっちゃいました…。

血がにじんでいるようで、
レタスが泣いている感じがする…。

可哀そうだな…。

 

 

3週間後

しっかり差が出ました!

そのままレタスと比較して
それぞれ観察してみましょう!

 

 

●爪楊枝を刺したレタス

3週間も保存したとは思えませんよね?

葉の鮮度はもちろん!
全体のボリューム感・芯の褐色もない!

素晴らしい!!

 

問題はここから。
包丁・くり抜きはどうでしょう??

 

●包丁で刺したレタス

そのままレタスよりは
芯の褐色は、少ないかな?

でも葉は、何もしてないレタスよりも
茶色くなってしまってる!!

生長点を狙えてなかったのかな…?
ただ細胞を傷つけただけなのかな…?

 

爪楊枝と同じく鮮度を保ってくれたらと
思っていたのですが…。

この方法では難しいのかも。

 

 

●芯をくり抜いたレタス

くり抜いたところの褐色が
早い段階で出てしまいましたねー。

中の方まで、茶色くなってしまって
ほとんど食べれず…。

 

キャベツには有効のようだけど
レタスは不向きなのかなー。

レタスは切ったところが劣化しやすい、
これが理由かと思われます。

 

 

3週間保存した結果。

 

爪楊枝を刺したレタスだけ
全く変色してない!!!

 

こんなにも差が出るなんてっ!!
爪楊枝すごすぎるーーー!

 

結果

レタスの芯を包丁で刺したりくり抜くのは、あまり効果的ではない。

「爪楊枝で刺す」方法のほうが、明らかに長持ちする!!

 

 

 

追加実験

ここで食オタ的な実験をしてみました!

 

半分に切ったレタス。

片方にだけ、つまようじを刺して
横にしたまま放置してみました。

 

涼しい所で、24時間放置してみると…

 

何も処理していない方は
内の葉が立ち上がっています!

このようになるのが普通ですね~。

 

野菜は、収穫してからも
成長するんでしたよね!

切られて横にされても、
成長しようとするのです。

だから真ん中が成長して膨らむ。

 

でも…

ちょっと待って!!

 

爪楊枝を刺したレタス、
真ん中が起き上がってないーー!!!

向かって右が爪楊枝レタス▼

 

本当に爪楊枝が生長点を壊して
生長を止めたってことなんです!!

 

たった3本の爪楊枝で
こんなにもレタスの鮮度を保てるなんて!

素晴らしすぎる保存法です!!

 

 

 

まとめ

目次に戻る

今回、検証したのはコレ!

レタスの芯に爪楊枝を刺すと長持ちするのか?

 

芯に爪楊枝を刺すと、
本当に鮮度を保てることが判明!

他の方法と比べても、
1番キープできることが分かりました!

 

 

レタス保存方法ランキング

鮮度が保てていた期間(※)も併せて、
結果はこんな感じになりました!

(※鮮度が保たれていた期間=生でも食べれそうだったかを基準としています)

 

予想以上に爪楊枝は有効!

 

芯にある生長点を、
ピンポイントで壊すことができる。
これが良いみたい♪

 

今回は長期間の保存で、
レタスの劣化の状態を見ていきました。

 

やっぱりレタスも含め、
野菜は採れたてが一番おいしい!!

だからこそ、少しでも保てる保存法で
美味しいうちに食べてあげたいですね♪

 

レタスを購入したらすぐに、
芯に爪楊枝を刺して保存!

そうすればもっとレタスが新鮮なまま
美味しく食べられますよ~♪

 

 


目次に戻る

今回私は、2回連続で
レタスの保存法について追及しました。

久々にこんなにレタス食べたー!(笑)

 

レタスがたくさんあるときは
レタスの肉巻きがオススメ!

 

断面オタクの私、
この切り口を見るためによく作ります!

美しい断面~♡

 

レタスにストレスを与えずに
鮮度を保ってあげましょう!

切り口に小麦粉を塗ったり、
芯に爪楊枝をさしてあげて、
美味しく食べてください♪

 

ではでは、
次回の食オタノートもお楽しみに!!

 

 

 

 

 

©VACAVO inc.(株式会社ヴァカボ) 当サイト内の文章・画像等の内容の無断使用・無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

フードメッセンジャー:豊岡 加奈子(とよおか かなこ)

調理師

野菜と人をつなぎ、身体も心も整える野菜ソムリエ・重ね煮料理家です!

野菜を中心とした料理や、身体と心を整える「重ね煮」料理の料理教室を開催しています。野菜がたくさん摂れるメニュー、日々の調理が時短になる料理法、つくりおきをお伝えしています。 大学で農業を専攻していたこともあり、現在も生産地を訪れ農作業を体験し、野菜・果物が命であることを感じれるようにしています。産地レポートや野菜・果物の情報発信、店頭でのPRも得意です。 作り手の想い、野菜・果物の魅力を伝えることで、食べる人、作る人どちらも、心が豊かになるよう心がけています。

RANKING

1

【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみ…

3125

2

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

3035

3

うがい薬で実験!ビタミンCが多い野菜を調べて…

2276

4

2019年夏休み自由研究!かんたん実験&ネタ…

1736

5

【夏休み自由研究課題2018】テーマ一覧~野…

1120

6

野菜で絵の具を作ってみよう!

967

7

栄養素が豊富なおかひじきは、美容効果もすごい…

872

8

【夏休み自由研究】紫キャベツの色素アントシア…

793

9

【夏休み自由研究】野菜の捨てちゃう部分で「野…

783

10

【夏休み自由研究】野菜の捨てちゃう部分で「宝…

735

11

野菜で紙を作ってみよう!

686

12

人気の野菜染め〜第2弾!もっと簡単に染める方…

680

13

ココナッツの実にストローをさす飲み方に挑戦!…

631

14

エビの下処理方法を比較!臭み取りには酒・片栗…

622

15

もやしをお家で育ててみよう!

593

16

マグロ刺身を長持ちさせるには?!保存方法を実…

585

17

魚のアラは最強出汁!魚は丸ごと買ってだしを取…

579

18

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

525

19

鶏むね肉を柔らかくする方法!いろんな材料で漬…

520

20

スイカは真ん中が甘いって本当?糖度実験してみ…

502

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング