PAGE TOP

NOTE

肉オタnote

肉オタクが本気で検証!肉のあれこれ

  1. 【夏休み自由研究】簡単?大変?ペットボトルで手作りマヨネーズを作ってみよう

【夏休み自由研究】簡単?大変?ペットボトルで手作りマヨネーズを作ってみよう

私たちの生活に身近な「マヨネーズ」。


お店で買う方が多いと思いますが、
実はとってもシンプルな材料で
出来ているんですよね。

 

卵・酢・油。
基本材料はたったこれだけ。

 

しかも、よ~く混ぜるだけ!
ということは…?


空きペットボトルでフリフリすれば
簡単に作れるのでは!?

 

ペットボトルで作ったマヨネーズで
野菜スティックを食べよう!

 

そんなテーマの自由研究も
ありかもしれません♪

 

さっそくトライしてみたいと思います!

 

 

 

 

マヨネーズはどうやって作るの?

 

まずは、市販のマヨネーズの
おもな材料を見てみましょう。

 

原材料の欄は、配合が多いものから
順番に書かれています。

 

 

マヨネーズで一番多く含まれている
材料は「油」!



その後、卵黄、醸造酢、食塩、香辛料…
と続きます。

 

しかし…

酢は水分、油は油分。

 


昔から、気が合わない者同士を
“水と油”と例えますよね。

 

どうして
混ざり合うのでしょうか?

 

代表的なのは、
サラダにかけるドレッシング。

 

冷蔵庫から出したての時は、
水分と油分が"分離"して、
上下に分かれています。

 

使う前に良く振って
混ぜ合わせると、濁って
一体になる。

この状態を"乳化"と言います。

 

 

マヨネーズもドレッシングの材料と
似ています。

なのに、ドレッシングのように
毎回振って使ったりしません。

 

クリーム状にキープされていますよね。

 

これは""のおかげ

卵が油分と水分を
つなぎ合わせる"乳化剤"の役割を
果たしてくれているからなんです。

 

マヨネーズは卵が
入っているからこそ、
あのクリーム状を
保てているわけですね。

 

卵に限らず、タンパク質なら
乳化剤の働きをしてくれるそう。

 

バターが固形になっているのも
牛乳に含まれるタンパク質が
乳化に一役買ってくれているから
なんですね。

 

仕組みがわかったところで、
手作りマヨネーズに挑戦です!

 

基本的な作り方

 

ペットボトルで作る前に、
まずは基本の作り方をおさらいです。

 

 

今回はシンプルな分量で
作ってみましょう。

 

■材料

・油(今回はキャノーラ油) 150cc

・酢(今回は穀物酢) 大さじ1

・卵黄 1個

・塩 小さじ1/4

 

■道具

・ボウル

・泡だて器

・タオル(ボウルの滑り止め)

 

お好みでレモン汁や辛子を
入れても良いですね!

 

 

①油以外の材料を入れて混ぜる

3分ほど混ぜるとこんな感じ。

 

①油を少しずつ入れて混ぜる

ここに、5~6回に分けて少しずつ
油を入れていきます。

入れては混ぜ、
入れては混ぜを繰り返します。

 

15分でこのくらい。

クリームというより、
ドレッシングっぽいですね。

 

少しずつ足した油で
だんだん重くなっていき…

 

30分経過!

 

ツンとツノが立つ程度で完成!

 

 

市販のマヨネーズより
ぽってりと重めの
食感になります。

 

 

30分程度
混ぜ続けないといけないので
腕が結構つらいです…!

 

できれば2人以上で交代で作業できると
いいですね!

 

では、これを踏まえて
ペットボトルでのマヨネーズ作りに
挑戦しましょう!

 

 

ペットボトルで手作りマヨネーズ!

 

先ほどと同様に
基本材料はこれだけです。

 

―注意!―

注意①
使用するペットボトルは材質が強い
炭酸飲料用を!
水やお茶のペットボトルでは
穴が開く場合があります

 

注意②
材料はすべて常温に!
冷蔵庫から出したての卵では
うまく乳化されない場合があります

 

注意③
実際にやってみて分かったことですが
ペットボトル使用の場合
完成まで“1時間ほど”かかります。


時間に余裕を見て
トライしてください。

 

 

ペットボトルを使った
自由研究向けの調理実験は、

以前食オタの加野さんが行った
バターづくりもあります。

 

【夏休み自由研究】超簡単!10分で出来る!ペットボトルを振って「バター作り」

 

こちらもチェックしてみてくださいね。

 

 

ペットボトルで作ってみよう

 

さっそく作ってみましょう!

 

―手順①―

まずは卵黄を崩して、
じょうごでペットボトルに入れます。

 

―手順②―

お酢と塩を加えます。

ここではまだ
油は入れませんよー!

 

―手順③―

卵黄、お酢、塩を入れた
ペットボトル。

振ります!

 

今回は私が写真担当、
夫がペットボトル担当です。

2~3分振るとこんな感じ。

 

―手順④―

ここから少しずつ油を入れます!


油が多いので、一度に入れると
ドレッシングのように
分離してしまいます。


そうなると
クリーム状にするのは難しい…。
慎重に挑戦しましょう。

150ccを30ccずつ5回に分けて。
一度入れるたびにシャカシャカします。

 

よーく振って
少しずつ油をなじませますよ~

 

―15分経過―

まだまだ水っぽい感じ。
振ると「シャカシャカ」という音が
聞こえます。

白っぽくなってきたな~と思ったら
油を足す、を繰り返します。

 

―30分経過―

中身が少しずつ「タポタポ」という
音に変わってきました。

粘度がついてきた感じ!

 

「腕がつらくなってきた」
という夫と交代しながら
ペットボトルを振ります。


ひとりだとちょっと大変かも?
でも、力はいらないので
幼稚園~小学生でもOK!

テレビを見ながらもできちゃいます。

 

―45分経過―

量が増えて、もったりとトロミも
ついてきました!

最後の30ccの油を入れて、
ラストスパート!

 

―60分経過―

「タポタポ」という音はほぼなし!

いよいよ出来上がりかな?
開けてみます!

あああーーーー!

マヨネーズできてるーーーーー!!

 

しばらく置いて
内側についていたマヨネーズが
下に落ちたら、カッターで
ペットボトルをカットします。

オープン!

クリーミーなマヨネーズが
完成しましたー!

長かった…

 

市販のマヨネーズと比べてみました。

手作りの方がちょっとゆるいかな?

 

実際に食べてみると
酸味が強く感じる…。

それぞれの材料の持ち味が
ダイレクトに伝わります。

 

うーん、もうちょっと
味に深みが欲しいなあ。


やはり、レモン汁や辛子が入った方が
爽やかさや奥深さが
楽しめそうです。

 

レモン汁を後から入れてみました。


少しゆるくなりますが、
爽やかでおいしくなりました!

 

ペットボトルでマヨネーズは作れる?


時間はかかるが、作れる!

ひとりだと大変なので、
交代できる人がいると良いです!

 

 

卵黄のみ、全卵、どう違う?

 

 

今回のマヨネーズは
卵黄を使いました。

でも
卵白を余らせるのは
もったいないですよね。

 

全卵で作ったらどうなるだろう?

 

今度は全卵で試してみました!

先ほどと同様に

根気よくフリフリしていきます。

1時間後。

出来上がりの音は
「タポタポ」というより、まだ
「シャカシャカ」に近い感じ。

 

卵白も入っている分、
卵黄だけで作った時より
水分が多くなりますね。

うつわに出してみると…

 

サラサラ~と流れます。
これはマヨネーズと言うより
「クリーミーなドレッシング」と
いう印象です。

 

水分(全卵、酢)に対し、
油分が少なかったのでしょう。

 

全卵で作る時は、その分
油も増やした方がいいですね!

 

全卵でも作れる?

作れるが、ドレッシング状になる。

卵白という水分が増えた分
粘度が付きにくくなります。

全卵で作る時は、
油もその分増やしましょう!

 

 

もっと早く作るには?

 

ペットボトルでマヨネーズ作り。
楽しいけれど、
時間がかかるのはちょっと…。

 

そんな風に思った方もいると思います。

 

そんな時は
ハンドブレンダーを使うのも一案です。

 

※お子さんだけだと
事故が起こる場合もあります。
必ず大人と一緒に作業してください。

 

底にグッとブレンダーを押し付けて
スイッチオンすると…?

 

 

みるみるうちに乳白色に!


 

ゆっくりと持ち上げて
表面まで混ぜ合わせると、

マヨネーズができます!

 

材料を入れてから
出来上がりまでなんと

たったの3分、早い!

 

ペットボトルでは1時間かかったのに
なんということでしょう(涙)

出来上がりを比べてみました。

 

ペットボトルの方は卵黄のみ。
ハンドブレンダーは全卵。
(※購入した市販のマヨネーズは
卵黄のみ使用)

 

レシピが違うので色の濃さも
異なります。

 

食べてみると、卵黄に比べ
全卵はあっさりとした味わい。

 

そして、驚くのはマヨネーズの粘度。

ペットボトルのマヨネーズは
トロトロとしていましたが、

 

ハンドブレンダーを使った方は
しっかりと固まっていて
市販のマヨネーズの固さに近いです。

 

おそらく、手で作るより
機械の振動の方が
より細かい動きになるので
粒子も細かくなるのでしょう。

ちなみに、乳化に失敗すると…

いつまでも水っぽい!

全然クリーム状にならず、
サラサラ液状のままです。

ペットボトル用のレシピでは
2回試してもうまくいきませんでした。

ハンドブレンダーによって
レシピが異なる場合があります。

作る際は、お使いのメーカーのレシピを
チェックしてみてくださいね。

 

 

まとめ

 

手作りのマヨネーズ。
ペットボトルでもできました!

ペットボトルで作るのは
予想以上に時間がかかりましたが、
出来上がりは感動しますよ~!

 

ここでおさらいです。

 
①マヨネーズはペットボトルでも作れる!

ただし1時間ほどかかります

 

②卵は卵黄のみでも全卵でもOK!

卵黄なら市販に近く、

全卵はあっさりめの仕上がりに

 

③ハンドブレンダーだと早く完成!

お酢を変える、油を変えるなど

色々試したい場合は

ブレンダー使用がおすすめ

※お子さんは大人と一緒に!
※レシピは各メーカーを参考に!

 

実際に私も
ハンドブレンダーを使って
アレンジ・マヨネーズ!

 

お酢の代わりに
オレンジの絞り汁を使ってみました。

酸味は弱くなりますが
ほんのり甘味があって
爽やか!

 

お酢とオレンジの分量を半々にしても
良いなと感じました。

 

ペットボトルで
経過観察しながら作るのも、


ブレンダーで色々な
マヨネーズを作るのも楽しいですね♪

 

 


 

今回の手作りマヨネーズは
市販のように日持ちがしません。

 

冷蔵保存で1~2日程度で
食べ切りましょう。

 

終わった後は
きゅうりスティックをディップしたり

 

タルタルソースにしてみたり。


自由研究後も
色々な味わい方を楽しんでみてくださいね。

 

次回の食オタノートもお楽しみに!

フードメッセンジャー:田窪 綾(たくぼあや)

調理師

レストランでのキッチン勤務を経て、現在はライターとして食分野を中心に活動しています。調理師免許とペット栄養管理士の資格をもち、食べること、作ることに興味が尽きません。こちらでは"肉オタ"として、みなさんにおいしい&楽しいお肉情報をお届けしていきます!

料理・執筆

RANKING

1

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

119593

2

うがい薬で実験!ビタミンCが多い野菜を調べて…

79351

3

【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみ…

67216

4

マグロ刺身を長持ちさせるには?!保存方法を実…

58047

5

魚のアラは最強出汁!魚は丸ごと買ってだしを取…

44345

6

生ウコンの食べ方&飲み方〜野菜オタク的ウコン…

37538

7

もやしをお家で育ててみよう!

30833

8

野菜で絵の具を作ってみよう!

30086

9

肉オタが選ぶ!いちばん簡単な筋切り&すじ取り…

25619

10

【夏休み自由研究課題2018】テーマ一覧~野…

22982

11

野菜で紙を作ってみよう!

21049

12

2019年夏休み自由研究!かんたん実験&ネタ…

19788

13

野菜色素の不思議な力〜アントシアニン酸性アル…

19702

14

人気の野菜染め〜第2弾!もっと簡単に染める方…

19175

15

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

18430

16

ブドウはどの部分が甘い粒?追熟する?糖度実験…

17644

17

カラフル人参大解剖!!生食だけじゃもったいな…

15996

18

鶏むね肉を柔らかくする方法!いろんな材料で漬…

14859

19

片栗粉を作ってジャガイモでんぷん量の比較実験…

14084

20

牛すじ肉を早く&やわらかく下茹でするには?時…

12414

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング