PAGE TOP

VEGE LIFE

野菜健康生活情報

1日365g 野菜で健康に!

  1. 夏野菜カレーで夏バテ対策!栄養満点カレーのレシピ

夏野菜カレーで夏バテ対策!栄養満点カレーのレシピ

野菜がおいしいカレー!おすすめの具材と作り方

 

ナス トマト ピーマンパプリカ など、夏に旬を迎える美味しい野菜はたくさんあります。
そんな夏野菜を美味しく、たくさん食べたいときにはカレーがおすすめです。
スパイシーなカレーがもたらす身体にうれしい効果と、ナス ズッキーニ をたっぷり使った美味しい夏野菜カレーのレシピをご紹介します 。

 

 

■夏バテ対策には、夏野菜カレーが効果的?

カレーと言えば、大人から子どもまで多くの人に愛される、ご家庭の定番メニューではないでしょうか。
さまざまな食材と相性がよく、季節を問わずに旬の味を楽しむことができるカレーですが、特に夏場の定番メニューとして重宝します。その理由は、カレーに含まれているさまざまなスパイスにあります。カレーには、ターメリックやコリアンダー、クミンなど何種類ものスパイスが配合されています。スパイスは、胃や肝臓など内臓の働きを促進するため、食欲を増進させたり、消化を促進させたりといった効果が期待できます。

夏バテ気味で食欲がないときにも、スパイシーなカレーなら案外無理なく、するりと食べ切れるかもしれません。
また、スパイスには料理を腐りにくくさせてくれる効果もあります。だからこそ暑さの中で食べ物が痛んでしまいやすい夏場にも、重宝するのです。

 

■カレーにぴったりな夏野菜とは?

 

ビーフカレー、ポークカレー、チーズカレーなど、カレーは色々な具材とマッチすることから、愛されているメニューです。
野菜についても同じく色々な野菜を美味しく食べることができるため、なすや玉ねぎなど、自宅にある野菜を使って美味しいカレーを作りましょう。

例えば、夏野菜の定番であるズッキーニやパプリカなどは、その他の野菜に比べてメニューのレパートリーが限られてしまうこともあるかもしれません。
普段、夏野菜を炒めものなど定番のレシピで味わっている人は、夏野菜カレーの作り方を覚えておくことで、夏野菜の楽しみ方が広がります。

ズッキーニについて詳しくはこちら ≫

 

夏野菜を使うことで味わい深くなるメニューには例えば、トマトカレーがあります。
みずみずしい旬のトマトを煮込むことで、たくさんの水分が出てくるため、水をほとんど使わずに野菜のうまみがたっぷりのカレーを作ることができます。

トマトについては詳しくはこちら≫

 

また、カレーは一度にたくさんの野菜を使うことができるため、余っている野菜を大量に消費したいときにもおすすめです。
しなびてきたり、水分が飛んでしまったりと、生で食べるのには抵抗がある夏野菜も、状態を見ながらよく火を通せば、美味しく食べられるかもしれません。

 

 

何より、食欲をかきたてるスパイスの効果でどんどん食べたくなってしまうのが夏野菜カレーの魅力です。
野菜が苦手な子どもでも、夏野菜カレーなら美味しく野菜を摂取できます。普段、野菜を嫌がってあまり食べない子どもの場合なら、定期的に夏野菜カレーを作ることで栄養不足の解消にもつながります。たっぷりの野菜と一緒に、お米や肉などの栄養もバランスよくとれる夏野菜カレーは、暑い季節の健康をキープするために活躍します。

 

 


■覚えておきたい、夏野菜カレーのレシピ

ここからは、夏野菜カレーのレシピをご紹介していきます。

3〜4人前のカレーを作るとき用意する材料は、市販のカレーのルー、ひき肉200グラム、にんにく二分の一かけ、しょうが2分の1かけ、たまねぎ1個、なす1本、ズッキーニ1本、パプリカ2分の1個。お好みで、その他の夏野菜をプラスしてもかまいません。

 

1、まずは、用意した夏野菜を食べやすいサイズにカットします。玉ねぎはみじん切りにしましょう。なすやズッキーニは、細身のものであれば輪切りでかまいません。


2、次に、鍋やフライパンに油を熱して、にんにくとしょうがを入れます。香りが出てきたところでひき肉を入れ、炒めていきます。ひき肉に火が通ったら、先ほどカットした玉ねぎのみじん切りを入れます。しばらく炒めて色が変わってきたら、その他の夏野菜も投入します。


3、ひき肉と野菜をある程度炒めたら、水を足してしばらく煮込み、いったん火を止めてルーを溶かし入れます。水の量によって、ルーのとろみが変わります。スープ風のカレーが好きな人や水気の少ないカレーが好きな人など、好みに合わせて少しずつ水を入れながら調整してください。


4、もう一度火をつけて、ルーが完全に溶け切ったら夏野菜カレーの完成です。水を入れすぎてしまったときには煮込む時間を長くして、水分を蒸発させましょう。

 

また、別の作り方として夏野菜をあらかじめ素揚げしておくレシピもあります。こちらの作り方では、夏野菜をカットした後、別の鍋やフライパンに油を熱して夏野菜を投入し、ほどよく揚がったら取り出しておきます。あとは手順どおりにカレーを作り、最後に盛り付けたご飯の横に揚げた夏野菜を添えるだけです。

彩り豊かな夏野菜を添えたカレーは、見栄えも良いのがうれしいポイントです。
また、野菜をじっくり煮込む夏野菜カレーに比べるとしゃきしゃきとした食感が残り、風味を楽しめるのも特徴です。

 

■美味しい夏野菜カレーで、夏を乗り切ろう

美味しく、栄養価も高い夏野菜カレーは、暑さにバテてしまった身体を元気にするために活躍します。
夏野菜カレーのレシピを覚えて、夏を元気に乗り切りましょう。

 

 


夏野菜カレーに時短!裏技「あめ色タマネギ」

簡単にあめ色たまねぎをつくるには?

 

1位 「?」 … 糖度34.3 炒めた時間7分
2位 冷 凍 … 糖度24.2 炒めた時間10分
3位 生から … 糖度16.2 炒めた時間20分

実は「アレ」を使うと
タマネギが簡単にあまーくなります!!

 

正解はこちら ↓
≫たまねぎの糖度実験!

 

 

フードメッセンジャー:サンロクゴ マーケット(さんろくごまーけっと)

365market

 

RANKING

1

親子で簡単栽培!ミニトマトの作り方

482

2

【夏休み自由研究課題2018】テーマ一覧~野…

416

3

名探偵コナンの安室さん特製サンドイッチのレシ…

393

4

ズッキーニ <野菜オタク> 野菜辞典 vol…

392

5

子どもの口にも美味しいジュース!見た目も楽し…

392

6

ズッキーニ <野菜オタク> 野菜辞典 vol…

392

7

必見!トマトの選び方

388

8

空芯菜 <野菜オタク> 野菜辞典 vol.2…

388

9

どうして玉ねぎを切ると涙が出るの? 

388

10

ミニトマトの切り口を楽しむ♪

387

11

鳥取県×岡山県のアンテナショップで見つけた珍…

387

12

大粒シャインマスカットの秘密

387

13

ブロッコリー<野菜オタク>野菜辞典 vol.…

387

14

かぶ<野菜オタク> 野菜辞典 vol.29

387

15

フラクトオリゴ糖たっぷり!健康野菜のヤーコン…

386

16

春キャベツと普通のキャベツの違いって?

386

17

千葉県《 斉藤 完一の斉藤農園( たがやす倶…

386

18

野菜・果物に囲まれて…べジデコ結婚式

386

19

大根 <野菜オタク> 野菜辞典 vol.4

386

20

野菜オタクNOTE新メンバー加入!

386

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング