PAGE TOP

NOTE

ヤサオタnote

野菜オタクが本気で検証!野菜のあれこれ

  1. はじめての長崎伝統野菜〜FM試食交流会に参加!

はじめての長崎伝統野菜〜FM試食交流会に参加!

banner12

 

私たちフードメッセンジャーの役割は、
野菜の調理法・保存法生産者の想いやなどを

食べる人に “伝える” こと。   

月に1回 フードメッセンジャーの交流会が開催され 野菜を試食したり、
意見交換をしたりして スキルアップ目指してます!  

IMG_5275

※この写真は前回のFM交流会の様子。

今回のヤサオタノートは
この フードメッセンジャーの交流会 のお話しです!
※365パーティー<フードメッセンジャー交流会>(通称:FM交流会)      

3月2日の夜。 今回の交流会は、この5人! (※おひとりはのちほど駆けつけました)  

DSCN2377

たくさんの野菜が届きましたー!!
こちらのお野菜を届けてくださったのは、

長崎県島原市の 「竹田かたつむり農園」さん!!

かたつむり農園って、かわいい名前ですね〜

農園名の由来
「スピードや効率化に追われるのではなく
自分たちのペースで取り組みながら ゆっくりとスローライフを」

なるほど〜♪ それで “かたつむり” なんですね。
届いた段ボールをあけると、 お手紙が入っていました

File_002 (2)

 新聞の掲載記事も 入ってましたよ。    

File_005

みんなで記事を読んでみると…
竹田ご夫婦が とても素敵なビジョンをお持ちだと知りました! 

 記事によると、竹田さんは

種採り農家 伝統野菜

栽培している とのこと。

 種採り農家さん!!! って、みなさんご存知ですか?    

 


 

ここでちょっと 少し種のおはなしを。
種には大きくわけて2つの種類があります。


いちだいこうはいしゅ(エフワン)
1、一代交配種(F1種) 

じかさいしゅ(こていしゅ・ざいらいしゅ)
2、自家採種(固定種・在来種)  

 種の袋って、こんな感じ ↓

File_000 (1)

種苗会社から発売されています。これが現代の農業の主流、

一代交配種 「F1種(エフワンしゅ)」と呼ばれています。

異なった性質のものを人為的に交配させることで 大量に収穫でき、
形や味が安定した 病気に強い野菜が作れる種。 
但し基本的に一代限りなので、 農家は毎年種を購入します。      

一方、昭和30年頃まで主流だったのが 自家採種(固定種・在来種)  

File_000

良くできた野菜を選び 種を採る → 蒔く →  採る → 蒔く を繰り返し、農家さんが自分で採り続ける種です。   形や味が不揃いで、収穫量も安定しないので 流通が発達した現代は F1種が主流になっていきました。    

 


 

竹田かたつむり農園さんは 種採り農家さん

つまり種を自家採種して、 在来種や固定種を未来へつないでいます。 
その土地土地で長い時間をかけ、代々受け継がれてきたもの それが、

伝統野菜 といわれるものです。

「京野菜」「加賀野菜」って みなさんも聞いたことがあるかと思います。
それぞれ京都・石川県の伝統野菜です。

 

IMG_0116

全国各地にこういった伝統野菜は存在します。 実は、東京にもあるんですよ!
東京の伝統野菜は「江戸東京野菜」 

こちらは、江戸東京野菜の滝野川人参。

IMG_5482

ほかにも、亀戸大根・滝野川ごぼう・早稲田ミョウガ・品川かぶ…

江戸東京野菜は、みんな地名がついてます!
それは野菜が誕生した場所。

それぞれの江戸東京野菜にストーリーがあって その土地にあった野菜になってるんです。
伝統野菜を勉強すると歴史の背景が見えてきて とても興味深いんですよね〜♪

ちなみに私は、“江戸東京野菜コンシェルジュ” という資格も持っています!
※下の写真は、江戸東京野菜の寺島ナスと馬込半白胡瓜

江戸東京野菜

伝統野菜は、 大昔から農家さんたちが自分たちで種を採り 大切に受け継がれてきた野菜。

その地方の気候や風土・暮らしぶりが 野菜の表情に写し出されます。
竹田かたつむり園のある長崎は どんな伝統野菜があるのでしょうか?!
どんな味がするのでしょうか?!

わたしも初めて! 「長崎伝統野菜」に出会いました!!  

 


 

さて!!! そんな試食の様子を実況します〜♪
どんな野菜が入ってるか リストを見てみんなでワクワク♪

File_003 (2)

まずは野菜を洗います。    

File_003 (3)

これは伝統野菜の「大浦太ごぼう」

だそうです 木みたいですね。
ほんとに太い!!    

File_004 (2)

「黒田五寸ニンジン」 「マゼラン(じゃがいも)」 「菜の花」

きれいな色ですね〜♪
食べやすい大きさに切っていきます。  

File_009 (3)

どう切ろうか? 芯は細かくしてみよう!
いいね〜 みんなでワイワイとってもにぎやかです。
じゃがいも切ってハイ!ポーズ  

File_007 (4)

みんなで楽しく 試食の準備が進んでいきます!
ビーツ(ゴルゴ)を切った瞬間

File_003 (5)

わぁ〜!!!!!

とあまりの美しさに歓声があがりました!  
どうですか? 切り口がみずみずしくてきれいな色ですよね〜
切った野菜は茹でたり

File_002 (4)

ブロッコリーは茹ですぎ注意ね! みんな固めが好みみたいです。
焼いたり  

File_003 (7)

 おっ焼き色が付いてきました! 美味しそう〜♪
どんどんお皿に盛り付けていきます。
新鮮な野菜だからこそ 生でも食べてみたいですよね。
このプレートは生バージョン!


File_009 (4)

加熱した野菜もたくさん!  

File_004 (4)

部屋の中がおいしそうな匂いでいっぱいです!     ……お腹すいたね。
ということで 試食しながら作ることに!  

File_006 (6)

みんなおいしいですか〜? は〜い!
たくさん送られてきた野菜 全種類試食したいね!と どんどん調理したら…  

File_004 (5)

盛り付けるお皿がなくなり… ざるへの盛り付けで、スミマセン。
最後にカラフルなビーツやにんじんが入ったら  

File_009 (5)

なんだかとってもおいしそうな 温野菜サラダになりました〜♪  

File_000

その後も食べながらの意見交換。  
野菜だけでお腹いっぱいになっちゃいました!      


    竹田かたつむり農園さんの野菜を 試食の感想と一緒にご紹介します♪    

まず最初はこれ! 大浦太ごぼう(長崎の伝統野菜)  

File_000 (2)

太いから固そう? というイメージを覆す、やわらかさ。
繊維質が少なく繊細な味!     特に炒めたものは絶品☆

File_004 (6)

フードメッセンジャー1番人気でした! ごぼうの唐揚げにしたら止まらなそう〜♪

次は個性的な姿の 雲仙こぶ高菜(長崎伝統野菜)  

File_006 (2)

まず目に飛び込んでくる 茎のこぶ!!!!    
箱からだした瞬間 その個性的な姿にみんなびっくり!  
どんな味なのか はじめて触れる野菜に興味津々です!  

File_008 (4)

茎は生でシャキシャキ甘い! 生の葉はからし菜のようなちょっとピリ辛。
サラダのアクセントになりそう。 もちろんお漬物はおいしいに違いない!

次も伝統野菜ですね。 九条太ねぎ(長崎伝統野菜)

File_006

いかにも柔らかそうなねぎ。  
生もいいけど やっぱり焼いたネギはあま〜〜い♪ 葉っぱももちろん柔らかくておいしい〜

大きな大きなブロッコリー(さわゆたか)  

File_005

まるで花嫁さんのブーケのよう♪
加野さんの顔と同じくらいの大きさにびっくり! 
しっかりした蕾。 生でも甘くておいしいねと評判でした。

軸がきれ〜いなピンクの 日本ほうれん草(在来種)    

File_000

箱を開けた瞬間、 みんなピンクの軸に釘づけ!!!  
日本ほうれん草の特徴ですね。 葉の切れ込みも深い。
茹でてたらすごい甘み。  
糖度測りた〜いと 野菜オタクノートでほうれん草の糖度実験をした飯田さん。

まだまだあります。 春ですね〜 菜の花(ブロッコリーRapini)    

File_002

えぐみが少なくてほんのり甘い味がしました。
アブラナ科はみんな菜の花が咲きますよね。
小松菜・ダイコン・かぶ、ブロッコリー・・・

それぞれ味が違って楽しいよね〜と盛り上がりました。

中国チンゲン菜(在来種)  

File_008 (2)

ずっしり重いくて立派なチンゲン菜!
  茎がとってもみずみずしかった〜 やっぱり油で炒めるのが美味しいよねと意見が一致!

これまた立派な 黒田五寸ニンジン(在来種)  

File_001 (2)

F1種の黒田五寸にんじんも香り高く甘い品種ですが もっと土の香りがして力強い感じ。

それでいて生でどんどん食べられちゃう味。 
食感は意外と軽い! みんなパクパク食べていました〜♪

じゃがいも マゼラン(在来種)

マゼラン? みんなで顔を見合わせ…聞いたことないね。  

File_002 (3)

マゼランは雲仙市のじゃがいも農家さんに 種イモを譲ってもらい
自家採種して栽培してるそうです。

最初泥付きだったので気が付かなかったけど

洗ったら

File_000

とってもきれいな紫の皮。 アントシアニンたっぷりですね。
ホクホクして甘みが強い!

そして最後はビーツ(ゴルゴ)  

File_009 (2)

こんなに発色のきれいなビーツはじめて〜♪ とみんなテンションアップ!  
焼きビーツが絶品でした☆ 本格派ボルシチを作りたくなりますね。

 

◆試食会まとめ◆  

竹田かたつむり農園の 伝統野菜・在来種野菜を試食した感想  

・形が個性的でおもしろい。
・野菜そのものの味が強い。
・やわらかい野菜でも食感がしっかり残る。
・太かったり、大きかったり見た目は固そうなのに、とてもやわらかいものが多かった。

試食会&交流会に参加してみて 

・農家さんによって同じ種類の野菜でも味が違うのでおもしろい。
・お互いの現場の情報、お客さまの対応の仕方など意見交換でき勉強になる。
・野菜の切り方、調理の仕方の勉強になり365マルシェの仕事に役立つ。

最後に…   農家さんにメッセージを書きました♪  

365market-Scan20170302

私たちフードメッセンジャーは 丹精込めて野菜を作ってくれている 農家さんたちへの感謝の気持ちを忘れずに 365マルシェに立っています。     そして農家さんの想いを 多くの人に伝えていきたいと 改めて思いました。  


365パーティー ≪フードメッセンジャー試食交流会≫ 開催スケジュール  

毎月第1木曜日 参加無料

◆偶数月 / 昼10:30〜11:30

◆奇数月 / 夜19:00〜20:00

  フードメッセンジャーになったら ぜひ参加してみてくださいねー!!


    banner12

 

 

 

 

 

©VACAVO inc.(株式会社ヴァカボ) 当サイト内の文章・画像等の内容の無断使用・無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

 

 

フードメッセンジャー:増田 純代(ますだすみよ)

畑から食卓へ!農業のすばらしさを伝えていきたい!

野菜ソムリエプロ、江戸東京野菜コンシェルジュ・キッズキッチン協会ンインストラクターなどの資格を取得、農家さんとのつながりやキッザニア東京野菜マルシェパビリオン勤務経験から農業体験イベント・キッズ向け料理教室・小学校での食育授業など主にキッズ向けの仕事を得意分野としています。未来の農業を担うであろう子どもたちに農業・野菜の魅力を発信中☆伝統野菜を守り地域の農家さん応援する活動も大切にしています!野菜染め・野菜スタンプワークショップを定期的に開催。野菜の形、色の持つ魅力も伝えています。

RANKING

1

エビの下処理方法を比較!臭み取りには酒・片栗…

323

2

ブドウはどの部分が甘い粒?追熟する?糖度実験…

315

3

魚のアラは最強出汁!魚は丸ごと買ってだしを取…

265

4

牛すじ肉を早く&やわらかく下茹でするには?時…

241

5

マグロ刺身を長持ちさせるには?!保存方法を実…

188

6

肉オタが選ぶ!いちばん簡単な筋切り&すじ取り…

186

7

イカは冷凍保存ができる食材!冷凍&解凍方法を…

172

8

野菜で布を染めてみよう!野菜染め研究

168

9

これって野菜?果物?!分類や違いをモヤモヤ整…

162

10

豚&鶏レバーの臭みを消せる下処理方法を比較実…

159

11

ココナッツの実にストローをさす飲み方に挑戦!…

151

12

【夏休み自由研究】野菜のDNAを取り出してみ…

139

13

ピクニックでも崩れない「萌え断サンドイッチ」…

136

14

鶏むね肉を柔らかくする方法!いろんな材料で漬…

135

15

ポークソテーをおいしく焼く方法を研究!フライ…

133

16

サツマイモと米でつくる謎の発酵飲料「ミキ」づ…

131

17

ささみ30本使って分かった!失敗しない「鶏さ…

130

18

カタクチイワシで自家製煮干しを作ろう!簡単で…

126

19

人気の野菜染め〜第2弾!もっと簡単に染める方…

122

20

栄養素が豊富なおかひじきは、美容効果もすごい…

120

WRITERフードメッセンジャー紹介

RANKINGランキング